「シスターフッド」のように感じる仲間との出会い【ネパール】

ネパール・ルンビニでの出会い(c)Megumi Mitani Column
スポンサーリンク

こんにちは!フルタイムトラベラー、三谷めぐみ (@meg_intheworld)です。

現在地:タイ🇹🇭バンコク

旅が好きな人なら、初対面なのに「もともと知っているように感じる人」と出会うことがあるかと思う。

もしくは、会った瞬間に「すぐに仲良くなれそう」だと感じたり、相手のことをよく知らないのに、なぜか話していてとても心地よく感じる、という人に。

そういう経験を何度もしていると、この地球上には素敵な人しかいないような気がしてくる。

きっと他にも、まだ私が会ったことない素敵な人が、世界にはたくさんいるんだろうな!

と思うだけでワクワクするし、また旅に出たくなる。

こういう話を人にすると「めぐちゃんは人見知りしないし、外向的だからね!」と言われることがある。

しかし、実際の私は、内向的な人間。
自分が目立つことは好きでないし、大勢の人の前で話すのも苦手。

社交性はあるので、旅先やホームパーティー、なんなら道端でたまたま出会した人と話すことさえ楽しいと感じるけど、自分のエネルギーと合わない人(自分を偽っている人、愚痴やゴシップばかり話す人)と会話をするくらいなら、ひとりで外にいる鳥を観察している方がよっぽど楽しいと感じる。笑

基本的には、誰とでもフラットに接することができるけど、「合う」「合わない」のセンサーは、わりと鋭い。

だから、ポジティブなエネルギーを持っている人や、自分自身を偽ることなく、あるがままの自分に居心地のよさを感じている人に会うと、私のハートが喜ぶのがハッキリと分かる。そして、その人や世界に対して完全にオープンになれる。

1ヶ月間のネパール旅でも「心が喜ぶ」瞬間が何度かあったけど、ネパールのヴィパッサナー瞑想コースで出会った2人は特別だった。

Vipassana体験レポートでも度々出てくるルームメイトXとは、「Hi」と挨拶をした瞬間にポジティブなエネルギーを感じ、「あ、彼女とは仲良くなれるな」とすぐに思った。

彼女はまだ私のことを何も知らないはずなのに、突然「あなたひとり旅が好きで、1人でどこでも行っちゃうし、1人でなんでも出来ちゃうでしょ?」と言った。

私が驚いて目を丸くしていると、「ハハ!だって私もそうだから!笑」と、元気で明るい笑顔を見せた。

会ってまだ1分ほどしか話してないのに

「I feel like I just found a new best friend! (新しい親友に出会った気がする!)」

と思わず言ってしまったほど、彼女とは初めて会った気がしない。
過去生で会っていたのかも?と思った。

彼女との共通点は「ひとり旅が好き」ということだけではなく、考え方が似ていたり、自然や人の状態など細かい部分に気づくこと、「偶然とは思えないようなことが頻繁に起こる」という、他人の理解を得られにくいことまで同じだった。

そして、同じ時期にニュージーランドに住んでいたり、ラッキナンバーまで同じだと知った時は驚いた。

もう1人は、向かいの部屋のB。

彼女とは「Noble Silence(聖なる沈黙)」が始まる前に、グループで話をしていた。

彼女のリラックスした雰囲気と正直な性格、ピュアな笑顔から「きっと彼女も素直で、beautiful mindを持っている人だろな」と思った。

私たち3人は、少数の英語話者という事もあるだろうけど、指定された座席がいつも隣や向かいだった。

メディテーションをしている時も、食事をしている時も、いつもトライアングル上に座っていた。

私が密かに気に入っていたのは、他の生徒たちがさっさと食事を終えダイニング・ホールを出ていく中、この3人は食事を終えても、のんびりと紅茶やミルクティーを飲んで過ごしていたこと。

Noble Silence中なので、目も合わせられないし、会話もしていないけど、気がついたら私たち3人以外いなかった、ということが何度もあった。

そして、この静かなダイニング・ホールの中で、のんびり過ごす3人の空間が心地よかった。

Noble Silenceが解かれた日。

私たち3人は、私たちの部屋で話をしていた。

そしてXが、Bと私に「私はこの3人に特別な繋がりがあると感じていた。このトライアングルに。」と、言った。

彼女は「2人に見せたいものがある」と言って、Vipassana Centerに来る前に購入したという2枚の画を見せてくれた。

1枚は、黒の単色で描かれた人体図。
2枚目は、長い三つ編みの毛先に赤いリボンがついた作品だった。

「ここに来るまで、この画が何を意味するか分からずに、ただ気に入って買ったんだけど。1枚目はVipassanaに関するもので、2枚目はあなたたちの髪型だと気づいたの。」と言った。

確かに私は、初めてXと「Hi」と挨拶を交わした日、三つ編みをしていた。

そしてBも翌日三つ編みをしていた。

Xによると、髪の毛が長い女性は他にもいたけど、三つ編みをしていたのは、私たち2人だけだったらしい。

その後も、3人の繋がりについて、時々目を潤ませながら話すXに、私も心動かされた。

そのまましばらく、3人で色々な話をした。

10日間の体験がどんなものだったか。
どう感じていたか、オープンに話し合った。

そして、私は満月の夜(実際には満月の2日前)のことを思い出した。

その日は、満月がすごく大きくて綺麗だった。

1日の終わりのグループ・メディテーションの前に、私はベンチに座り、その月を眺めていた。ある友人とした会話を思い出しながら。

そうしたら、目の前をルームメイトのXが通った。
彼女も大きな月を見上げながら歩いていた。

右の方を見ると、Bが木の下から月を見上げていることに気づいた。

あ、あの2人も満月を見てる。

と、なんだかうれしくなった。

Noble Silence中なので、会話をすることも、目線を合わせることもできないのに、3人とも同じ月を眺めていることで、つながっている感があった。

そう感じていたことを私が話す前に、ルームメイトが「満月の夜に、2人が月を見ていたことがうれしかった」と言った。

彼女は、私があの日見ていた光景を、彼女の視点で説明した。

「月がキレイだから2人に教えたいな、と思っていたら、Megumiがベンチに座って月を見上げてるのが目に入った。そして、その先の木の下にBがいて月を見ていたの!」と。

するとBも「私も2人が月を眺めていること、気づいてたよ。」と言った。

ネパールの真っ暗な空の下、2人がどんな想いで、その夜に月を見ていたかは分からないけど、私たちは確かに同じ時間に、同じ月を眺めていた。

12日間の最終日の朝。

私たち3人は、もう1人の英語話者と4人で、ブッダの誕生の地であり仏教4大聖地のひとつとされている「マヤ・デヴィ寺院」へ行った。

Vipassanaコースを終えた生徒は、「マヤ・デヴィ寺院」に無料で入ることが許され(通常、外国人はRs.700払う)、寺院の中と、庭の外にある菩提樹の木の下でメディテーションできると聞いたからだった。

強い日差しの中、寺院まで歩くと、寺院には、女性のアシスタント・ティーチャーや他の生徒もいた。

みんなで少し話をしたり写真を撮ったりした後、菩提樹の下でメディテーションをした。

その後、気温40℃越え(体感50℃)の強い日差しの下、3時間ほど寺院めぐりをしてから、Vipassana Centerに戻った。

私はルンビニに2泊するつもりでホテルを予約していたので、部屋の掃除をし、寄付をしてから、もう1人の英語話者とVipassana Centerを後にした。

XとBは「今日泊まるホテルを決めてないから、どうするか考える。」と言って施設に残った。

私はホテルでシャワーを浴び、もう1人の英語話者と遅めのランチを食べに出かけた。

オレンジ色の夕日を眺めながら、川沿いでメディテーションをした後、ひとりで散歩したかったので寺院に向かって歩くことにした。

その時、数時間前にXから着信があったことに気づき、XとBもルンビニの町にあるホテルを確保したことを知った。

寺院でのメディテーションを終え、真っ暗な空の下をひとり歩き、ルンビニの町に戻ると。

Bがいる!そしてその前にはXがいる。
2人はまだ私に気づいていない。

私が近づいて「Hey girls!」と声をかけると、2人とも驚いた様子だった。

そしてXが「きちんとお別れできなかったから、会えたらいいなと思ってたけど、寺院に向かっていると言っていたから邪魔したくなかった。」と言った。

私も私で2人に会いたい気持ちはあったけど、この日は長時間歩いたり、他者のメンタル・サポートをしていたこともあり、心身ともに疲れ果てていた。

夜20時を過ぎていたし、翌日も4時起きなので「待ち合わせをして会う」というエネルギーは残っていなかったので、「後で会おうね!」とは言えなかった。

それなのに。
町に戻ったら、目の前に2人が現れた。
約束もしてないのに。

ルンビニはとても小さな町だけど、5分違ったら、おそらく会っていなかったはず。

約束もせず、道端で再会したことに驚いたけど、この頃にはもう「この3人は必然的に会ったんだろうし、最後のお別れをちゃんとしなさい」ってことだな、と思った。

するとXが「疲れてるだろうけど、スイカ食べよう!好きでしょ?」と言って、丸ごとスイカを買ってくれた。

彼女たちのホテルのバルコニーの床に3人並んで座り、ほぼ無言でスイカを食べた。まるでNoble Silenceの時のように。

私は長かった1日、そしてあっという間だった12日間、2人との会話を振り返っていた。

21時になったので、2人とハグをし、自分のホテルに戻った。

本当にエネルギーレベル・ゼロというくらい疲れていたけど、最後に2人と再会し、バルコニーで一緒にスイカを食べたことは、たぶん一生忘れないと思う。
今もスイカを食べる度に、あの時の2人の顔と景色が浮かぶから。

住んでいる国も、年齢も、ライフスタイルも異なる3人だけど、コース終了後も連絡を取り合い、近況や考えをシェアし合えるのは、あの12日間を共に過ごしたからだと思う。

またいつかどこかで2人に会えたらいいな、と思うし、きっとタイミングが来たらまた会うんだろうな、と思っている。

Love you, girls!

※ブログ記事に関する質問・感想はコメント欄にお願いします
※当サイトのコンテンツは全て私個人の体験・意見です
※当サイトの画像・文章・コンテンツ内容の無断使用・改変・転載・出版を禁じます
※引用は当ページへのリンクを貼っていただければご連絡は不要です
※サイトの運営費用を賄うためアフィリエイトリンク(広告)を掲載しています

この記事を書いた人

自然と芸術を愛する旅人。世界各地で家を借りながら暮らす「デジタルノマド」9年目。40ヶ国。

FOLLOW ME

スポンサーリンク

バックナンバー

1.【ネパール】ヴィパッサナー瞑想「10日間コース」に参加してきた
2.【ネパール】ヴィパッサナー瞑想「10日間コース」体験レポート(DAY 0)
3.【ネパール】ヴィパッサナー瞑想「10日間コース」体験レポート(DAY 1-2)
4.【ネパール】ヴィパッサナー瞑想「10日間コース」体験レポート(DAY 3-4)
5.【ネパール】ヴィパッサナー瞑想「10日間コース」体験レポート(DAY 5-6)
6.【ネパール】ヴィパッサナー瞑想「10日間コース」体験レポート(DAY 7-8)
7.【ネパール】ヴィパッサナー瞑想「10日間コース」体験レポート(DAY 9-10)
8.10日間の「ヴィパッサナー瞑想」からの学びと気づき
9.「ヴィパッサナー瞑想」10日間コースに参加する人へのアドバイス

スポンサーリンク
ColumnNepalTravel
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Comment