帰国後に米国税関国境警備局(CBP)からメールが来た場合【アメリカ】

日本帰国後にCBPからメールが来た場合の対処法(c)Megumi Mitani Travel
スポンサーリンク

こんにちは!フルタイムトラベラー、三谷めぐみ (@meg_intheworld)です。

この記事では、日本に帰国済みなのに、アメリカの税関国境警備局(CBP)からメールが来た場合の対応を説明します。

そのまま放置しておくと、オーバーステイ(不法滞在)扱いになる可能性も。CBPからメールが来たら必ず確認・対応することをオススメします。

スポンサーリンク

CBP(米国税関国境警備局)からのメールとは?

アメリカに旅行や短期出張で行く時に、ESTAを申請しますよね?

そのESTAを管理しているのがCBP(Customs and Border Protectionの略)です。

CBPは、あなたが「いつアメリカに入国」して、「いつまでに出国」しなくてはいけないかを管理しています。

ESTAでアメリカに滞在できるのは最大で90日まで。

そこで、アメリカに80日ほど滞在していると、CPBは「もうすぐ90日だから、その前に出国してね」というメールを送ってくることがあります。

これは良いのです。リマインダーなので。

しかし。稀に、アメリカから日本に帰国してしばらく経っているのに、ある日突然CBPからメールが来ることがあるようです。

2019年3月に、アメリカ滞在中にCBPからメールが来た話を書いきました

すると、その記事を読んだ方から

日本に帰国しているのにメールが来たのですが、どうしたら良いのでしょうか?

とお問合せがありました。

私自身はそのような経験がなかったので、調べてお伝えしたところ「無事に問題解決できました」とご連絡をいただきました。

その後も、同じようなご質問をいただいたので、「帰国済の方向け」に、対応方法をまとめて公開することにしました。

CBPからメールが来たらやること

日本に帰国済にも関わらず、CBPからメールが来た場合は、以下の手順で確認・修正をしましょう。

  1. CBPからのメールが本物か確認する
  2. 入出国記録を確認する
  3. CBPに記録の修正を依頼する
  4. 必要書類を提出する
  5. CBPが修正してくれたかを確認する

順番に解説していきますね!

1. CBPからのメールが本物か確認する

CBPから来たメール(c)Megumi Mitani

まずは、CBPからのメールが本物かどうかを確認します。

それらしい件名やアドレス(差出人)でも、フィッシング詐欺やスパムメールの可能性もあるので、必ず確認しましょう。

差出人:StayCompliance-DoNotReply@cbp.dhs.gov
件名:U.S. Customs and Border Protection Traveler Status Notification

このアドレスから来ていれば、本物です。

内容は「あなたの滞在許可は10日以内に切れますよ」というもの。

上記画像は、私が2022年サンフランシスコ滞在中に受け取ったものです。2019年にロサンゼルスで受け取ったメールと全く同じ内容。

通常、すでに日本に帰国している人がこのメールを受け取ることはありません

もし、日本に帰国済みなのにこのメールが来た場合は、次のステップに進んでください。

2. 入出国記録を確認する

メール内に記載されている通り、https://I94.cbp.dhs.govにアクセスします。

CBPのサイトで履歴を確認(c)Megumi Mitani

黄色で囲んだ「View Travel History」というタブから、自分の入出国記録のステイタスを確認します。

パスポート情報等を入力(c)Megumi Mitani

氏名、生年月日、パスポート番号、パスポート発行国を入力したら「NEXT」をクリックします。

次の画面で、アメリカの入出国履歴を確認することができます。

Travel History結果(c)Megumi Mitani

この1番上が「Departure(出発)」になっていれば問題ありません。出国した記録が残されています。

もし、「Departure」になっておらず、そのまま放置すると、オーバーステイ(不法滞在)という間違った記録が残ってしまいます

この間違った記録を修正する必要があります。

3. CBPに記録の修正を依頼する

CBPの問合せフォームのページに行き、以下を選択・入力します。

CBP問い合わせフォーム入力例(c)Megumi Mitani

TOPIC: 「I-94 / Traveler compliance」を選択
Applicable Issue: 「10 DAY Notification Email」を選択
Email: 自分のメールアドレス
Description: 問い合わせ内容
例えば・・
「アメリカ出国済みなのに10 DAY Notification Emailを受け取った。〇月〇日に出国したことを証明できる証拠があるので修正して欲しい」など。

ファイルを添付出来る箇所がありますが、この時点では添付しなくてもOK。

「Next」をクリックし、次のページで、氏名・生年月日・パスポート番号を入力。

内容が正しければ「Submit(送信)」をクリック。

4. 必要書類を提出する

CBPに問い合わせを送ると、以下のようなメールが届きます。

前半は重要でないため割愛します。重要なのは後半の部分。

(略)

CBP will notify you via email if your recorded date of departure from the United States occurs after the “Admit Until Date” you were given by the CBP officer at the U.S. Port of Entry when you entered the United States.

If you believe you received this email in error and you did not overstay your period of admission, please reply to this message with the information requested below, so that we can properly assist you. Current processing times are estimated at up to 30 days or longer.

(略)

If your request is not time-sensitive, please provide the following information:

SURNAME:
GIVEN NAME:
DOB:
PASSPORT:
ARRIVAL DATE:
DEPARTURE DATE:
DEPARTURE PORT:
FLIGHT NUMBER/VESSEL NUMBER:
Please also provide the following attachments:
• A photo of your passport biographical page
• A photo of any pages of your passport that contain entry stamps from other countries that occurred after your most recent admission into the United States (please provide a clear, full-page image that includes the etched passport number);
• Travel verification letter from the Cruise line or Airline. (In English) Normally, flight confirmations are presented as attachments. If the flight confirmation is in the form of an e-mail, please send a screenshot of the e-mail.

Thank you again for contacting the CBP Traveler Communications Center.
NOTE: The answers provided in this forum are for general information purposes only. Utilizing this forum does not constitute Reasonable Care under Informed Compliance guidelines.

(このメールは過去記事を読まれた方が、共有してくださったものです。S様ありがとうございました。)

冒頭部分を要約すると

「CBPはあなたのアメリカ出国記録を元にメールを送っています。もしあなたがオーバーステイしていないにも関わらずメール受け取った場合は、以下の情報と共にこのメールに返信してください。現在、処理をするまで30日ほどかかります。」

と書いてあります。

そして、記録の修正をするために必要な情報と提出書類が書かれています。

以下、日本語訳と記入例です。

SURNAME:(苗字)MITANI
GIVEN NAME:(名前)MEGUMI
DOB:(生年月日)2000年1月1日
PASSPORT:(パスポート番号)AA00000
ARRIVAL DATE:(アメリカ到着日)2022年10月1日
DEPARTURE DATE:(アメリカ出発日)2022年10月20日
DEPARTURE PORT:(出発空港)SFO
FLIGHT NUMBER/VESSEL NUMBER: (便名)AA000

必要な添付書類は

・パスポートの顔写真が載っているページの写真
・日本またはアメリカ以外の国の入国スタンプがあるページの写真
・航空会社やクルーズ会社が発行した、e-Ticketやフライト・コンファメーションの書類、もしくはメールのスクリーンショット。(アメリカ出国を証明できるもの)

これらの情報をメールに返信する形で提出します。

そして修正が完了するまで待機します。

5. CBPが修正してくれたかを確認する

修正が完了すると、CBPから連絡が来ます。

「View Travel History」からステイタスを確認して「Departure」になっていれば完了です!

この記事を読んだ方々の情報提供によると、だいたい3週間〜2ヶ月程度で更新されるようです。

CBPからのメールを放置したらどうなる?

ご存知の方も多いと思いますが、アメリカはオーバーステイ(不法滞在)に対して、非常に厳しい国です。

「出国日を間違えてしまった」など、意図的でなくても、「不法滞在」の記録が残ります。オーバーステイの記録が一度でも残ると、次回以降の入国は、かなり難しくなります。

意図的に不法滞在した人、ESTAの「観光」で入国したのに「仕事(出稼ぎバイト)」をしたことにより、10年間アメリカに入国できなくなった人もいます。

日本に帰国しているのにCBPからメールが来て「10日以内に出国してね」なんて、CBPの管理どうなってるの!?と思いますが、それも、また、アメリカ。苦笑

面倒ですが、次回以降もスムーズにアメリカに入国できるよう対応しておきましょう。

読者様からの情報提供

最後に、こちらのページを見てCBPにお問い合わせされた読者様からの体験談を共有させていただきます。

  • 帰国後にCPBからメール。修正依頼をしたが、しばらくの間「Arrival」のまま変更されなかった。けれども、その後無事に入国できた。後日、記録は修正された。(2023年追記)
  • 帰国後にCPBからメール。CBPのView Travel Historyで検索すると”No record found for traveler.”となっており、出入国記録がない。CBPに連絡するも音沙汰無し。その後、記録がないまま(修正もされないまま)渡米するも問題なく入国できた。(2024年2月追記)

より詳しく知りたい方は、コメント欄に時系列で残っていますので、コメント欄を参照ください。

 

※ブログ記事に関する質問・感想はコメント欄にお願いします
※当サイトのコンテンツは全て私個人の体験・意見です
※当サイトの画像・文章・コンテンツ内容の無断使用・改変・転載・出版を禁じます
※引用は当ページへのリンクを貼っていただければご連絡は不要です
※サイトの運営費用を賄うためアフィリエイトリンク(広告)を掲載しています
この記事を書いた人

自然と芸術を愛する旅人。世界各地で家を借りながら暮らす「デジタルノマド」7年目。40ヶ国。

FOLLOW ME
スポンサーリンク
TravelUSA
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Meg In The World

Comment

  1. じゅんY より:

    つづき

    それと、こちらに前回投稿して数時間後、CBPから返信がありました。ただ、抜粋すると、
    “Your inquiries have been elevated to the designated Department for further review and for a timely response. Please remain patient as employees work through the case loads on first come, first serve basis. ”
    だそうで、まだ待たされるようです。。。

    結局最初に返信してからまもなく3ヶ月になりますが、ほとんど何もすすんでいません。
    。。

    何か進展がありましたらまた報告させていただいてよろしいでしょうか?
    それまで三谷様や他の方の別室送りの記事を読んで、呼ばれたときの対策をしておきます。。。(汗)

    • 三谷めぐみ より:

      じゅんYさん、こんにちは!

      >“No record found for traveler”について、そもそもページの存在を知らなかったので帰国後すぐに確認はしていませんでしたが、9/15のCBPからのメールを受けてこちらのページを拝見し、確認した時点ではすでに”No record…”でした。
      私ももしかして渡航記録自体がないのでは…と同じ考えを抱きましたが、一方で、”10 Day Notification”メールが届いたということは少なくとも入国できている状態なのではないかとも思い、すっきりしません…。

      なるほど。9/15にメールが来た時点で”No record”だったのですね。
      それにも関わらず、10 Day Notificationg通知が来たのは、確かに不思議ですね..。

      CBPからの返信、拝見しました。
      おそらくアメリカはもうクリスマス休暇に入っているので、通常より時間がかかるかもしれません。

      これまでご報告いただいた方によると、4ヶ月かかった方もいれば、「Arrival」になったままだった(訂正依頼済)けれど、問題なく入国できたという方もいらっしゃいます。

      なので、そこまで心配なさらなくても、問題なく入国できると思います。
      特に、短期の観光旅行であれば、尚更です。

      私が別室送りになったのは事実ですが、私の状況はかなり特殊(笑)なので・・。
      通常の短期観光旅行であれば、よほどのことがない限り、別室送りになることはないので、あまり心配なさらないでくださいね!

      >何か進展がありましたらまた報告させていただいてよろしいでしょうか?
      もちろんです!
      私にできることは限られていますが、こちらにコメントいただければ返信させていただきます。

      • じゅんY より:

        ご無沙汰しております。その後CBPから音沙汰のないまま、カナダとアメリカに行って先日帰って参りました!結論から申しますと、ほぼ何の問題もなかったです!
        ・パスポートのICチップについて
         日本出国時にセルフの機械が通らず審査官へ行ったところ、「チップ読めますよ?」とのこと…壊れていませんでした^^; チップは何の問題もなく、接触(?)が少し悪いので強く押し当てれば読めると思います、と優しく教えて下さいました!C県某市のパスポートセンターの言う通り再発行しなくてよかったです^^; 実際、バンクーバーのカナダ入国ではセルフの機械が通らず短冊状の書類記入の上審査となりましたが(それでも質問1-2個でした)、あとはアメリカ入出国、日本入国と問題なくできました。
        ・CBPとアメリカ入国について
         ”No record found for traveler.”のまま出国しましたが、なんの話もありませんでした。上記の通りパスポートも問題なかったため、トロントでの米入国審査は前回とほぼ同じく3-4個質問されて顔写真、指紋取られておしまいでした。数週間の心配は何だったんだという感じです(笑)
        今も相変わらず”No record found for traveler.”なので、また80日後にメールが届くかもしれませんが、また同じようにメール送って気長にしていれば大丈夫かなと勝手に思っています。

        というわけで、コメント欄をたくさん使ってしまいましたが、おかげさまで不安を抑えられ、結果問題なく旅行することができました!ありがとうございました!

        • 三谷めぐみ より:

          じゅんYさん、お帰りなさい!
          そして、アップデートありがとうございます!
          先月「無事入国できたかな?きっとできただろうな」と思っていたのです。
          カナダ・アメリカ共に問題なく入出国できて本当によかったです!😊
          パスポートも再発行せずに済んで良かったですね!

          「”No record found for traveler.”のままでも問題なく入国できた」という事実は、おそらく他の方の役にも立つと思うので、記事内に追記させていただきます。ご報告いただきありがとうございました!

  2. じゅんY より:

    こんにちは。はじめまして。私にも三谷様と同じメールが届いたので大変興味深く拝読致しました。

    私の場合、2023年6月~7月に1週間ほどはじめての海外旅行でNYを観光しました(パック旅行)。そして9月15日頃、件のメールが届きました。こちらの記事のおかげで返信が必要と分かり、搭乗証明書を入手して9月中に返信。
    しかし…12月13日現在も何の返信もありません。この間、拙い英語で進捗状況を何度か同じメールアドレスに聞いてみたり、実は日本帰国時のスタンプを押してないと早合点していましたが押してあったことを思い出しそのページを追加で送信したりしましたが、アドレスが違うのかと思うほど音沙汰なしです…

    CBPのView Travel Historyで検索すると”No record found for traveler.”

    さらに私の場合、取得したばかりのパスポートのICチップが日本への帰国時に読めなかったため役所に行くと、壊れている可能性が高いと言われてしまい…二重苦です…

    そしてこの状態で、来年1月下旬にもう一度NYへ観光に行くことになりました(パック旅行でカナダ観光後入国、4日滞在)。

    三谷様の他の記事も拝見し、別室送りにならずスムーズに入国できるか今からとても不安です。

    ちなみにCBPへのメール送信以外にダメもとで日本の外務省旅券課に問い合わせてみましたが、やはり対応方法はわからないとのことでした。
    パスポートについては、役所と旅行会社には再交付を勧められましたが、新規と同じ値段がかかると言われてしまいました。一方、日本帰国時にスタンプを押してくれた方は、このままチップが読めなくても何も問題ないと仰っていました。私の場合、パスポート再交付→ESTA申請し直し→拒否…なんてことになったら洒落にならないのでこのままにしています。

    旅行まであと1ヶ月と少し…最悪、ICチップが壊れているらしいパスポート+CBPからメールの返信がない状態で2度目の渡米となるわけですが、私の判断は正しいのでしょうか…
    私なにも悪いことしてない(と思う)のに入国拒否なんてことになったら…(怖)

     といっても帰国後メールを受け取った経験をしたのは三谷様ではないんですよね(汗
    ただもし私に何かできそうなことがあればご教授いただければ助かります。

    長文駄文失礼致しました。

    • 三谷めぐみ より:

      じゅんYさん、はじめまして!

      コメント読ませていただきました。
      「入国できなかったら・・」と心配になるお気持ち、とてもよく分かります。

      私も2020年までは、年に何度も渡米していたので、毎回イミグレのことを思うとドキドキしていました。
      「不法労働もしていないし、普通にアメリカ滞在&旅をするだけなのに、なんで毎回緊張しなきゃいけないんだろう?」と。。

      じゅんYさんの状況を整理させていただくと。

      ・9月中に問い合わせ&証明書類を提出したのに、12月13日現在、何の返信もない
      ・CBPのView Travel Historyには”No record found for traveler.”と出る
      ・パスポートのICチップが壊れている可能性がある

      ということですよね。

      まず、パスポートのICチップの件に関しては、私には経験がない(他の方のお話を聞いたこともない)ため、申し訳ありませんが、何もお答えすることができません。

      CBPの記録に関して。あくまで私の仮説になりますが。

      「CBPのView Travel History」に記録がないということは、「アメリカに入国した記録がない」ということではないでしょうか。

      その場合、CBPが情報を訂正したくても入国記録がないので、訂正のしようがない(必要がない)のでは?と思いました。

      通常は「Travel History Results」に、入国日と入国地、出国日と出国地が表示されるのですが、9月15日頃にメールが来た時は、「Travel History Results」に「Arrival」は、あったのでしょうか?

      それとも最初から”No record found for traveler.”だったのでしょうか?

      • じゅんY より:

        (※コメントが長かったのか返信がうまくできず、遅くなってしまいすいませんでした)

        三谷様

        ご返信ありがとうございます。
        まさに仰るとおり、ただ数日パック旅行するだけなのにどうしてこんな思いをしなければならないんだろう…という気持ちです。また渡米が近づくにつれて最近不安が増していましたが、温かい言葉をかけていただき少し心を落ち着けることができました。

        状況については整理していただいたとおりです。

        “No record found for traveler”について、そもそもページの存在を知らなかったので帰国後すぐに確認はしていませんでしたが、9/15のCBPからのメールを受けてこちらのページを拝見し、確認した時点ではすでに”No record…”でした。
        私ももしかして渡航記録自体がないのでは…と同じ考えを抱きましたが、一方で、”10 Day Notification”メールが届いたということは少なくとも入国できている状態なのではないかとも思い、すっきりしません…。

        つづきます