初めての自家製梅干し作り【梅仕事】

ジップロックで!南高梅干しの作り方(c)Megumi Mitani Cooking
スポンサーリンク

こんにちは!フルタイムトラベラー、三谷めぐみ (@meg_intheworld)です。

梅シロップに続き、自分で収穫した南高梅で「梅干し」を作ってみました!

この記事では、誰でもかんたんに作れる、自家製梅干しの作り方と、経過をレポートします。

スポンサーリンク

自家製南高梅干しの作り方

ジップロックで!南高梅干しの作り方(c)Megumi Mitani

材料・用意するもの

<材料>
完熟南高梅 500g(3Lサイズで11個ほど)
天然塩 100g(または90g)
梅酢 20g (あれば。オンラインでも購入可。)

このレシピは、覚えやすいように塩分20%にしています。塩分18%(一般的な白干し)にしたい場合は、塩90gで作ってください。

<用意するもの>
ジップロック(1L以上入るもの)
キッチンペーパー
食品用の消毒アルコール(あれば)
爪楊枝や竹串(ヘタがある場合)
トレーなど平らなもの
重しになるもの(500g-1kg)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【無添加】天日塩と完熟南高梅の白梅酢(塩分20%)500ml by 梅ボーイズ 国産 送料無料
価格:1,240円~(税込、送料無料) (2024/6/27時点)

楽天で購入

 

 

作り方

1. 青梅を追熟させます。(完熟梅を購入した場合は不要)
追熟前の青梅(c)Megumi Mitani

水洗いはせず、軽く汚れを落としたら、キッチンペーパーの上に並べます。直射日光の当たらない風通しの良い場所で追熟させ(寝かせ)ます。

追熟後の完熟梅(c)Megumi Mitani

3日ほど経った南高梅がこちら。部屋中に梅の甘い匂いが漂っています。

2. ヘタがついている場合は、竹串で優しく取ります。(梅を傷つけないように注意)

3. 梅の表面をよく水洗いし、ボウルで30分くらい水に浸します。

4. 水を切て、ひとつひとつキッチンペーパーで、丁寧に水分を拭きます。(ヘタの部分は水が溜まりやすいのでしっかり吸い取る)

5. ジップロックを開いて、アルコール消毒(あれば)します。

6. 梅を梅酢に浸して、塩の上に乗せてくるくる転がします。

自家製南高梅干しの作り方(c)Megumi Mitani

7. ヘタの部分に塩を揉み込むようにして、ジップロックに入れていきます。

8. 同じことを繰り返し、残った梅酢と塩をジップロックに入れて閉じます。この時、できるだけ空気を抜きましょう。

ジップロックでかんたん!自家製南高梅干しの作り方(c)Megumi Mitani

9. 全体を軽く揉んだら、直射日光の当たらない平らな場所に置きます。

10. ジップロックに入れた梅の上に、トレーなど平らなものを置いて、その上から重しとなるものを置きます。

写真撮り忘れたけど、私はトレーの上に、カメラ(750g)を乗せました。

翌日以降は、梅から梅酢が出てくるので、全体に行き渡るようにジップロックを軽く振ります。

1ヶ月ほど寝かせたら、天気の良い日に、3日間天日干しをしたら、自家製梅干しの完成!(の予定)

注意点

  • 洗った梅に水分が残っていると、腐敗の原因になるので、ヘタの部分もしっかり水分を拭き取りましょう!

自家製南高梅干しの経過観察

1日目:梅500gと、梅680gの2つ作りました。

ジップロックの自家製梅干し(c)Megumi Mitani

2日目:塩がだいぶ溶けて、梅酢が出てきています。ひっくり返して、全体に梅酢が行き渡るようにします。

ジップロックで作った自家製南高梅干し2日目(c)Megumi Mitani

3日目:さらに塩が溶けて、梅酢が出ています。梅の表面も少しぷくぷくしてきたので、重しとして乗せていたカメラとトレーを外しました。

ジップロックで作った自家製南高梅干し3日目(c)Megumi Mitani

4日目:塩が完全に溶けました。梅干しから梅の香りが・・!

ジップロックで作った自家製南高梅干し4日目(c)Megumi Mitani

5日目:ジップロックだと梅酢が漏れてきそうな気がしたので、容器に移し替えました。このまま1ヶ月ほど置きます。

ジップロックで作った自家製南高梅干し5日目(c)Megumi Mitani

1日目に仕込んだら、あとはほぼ放置するだけなので、忙しい人でも、梅仕事初心者でも作れる!

1ヶ月後、梅干しを干す工程、完成まで、随時アップデートしていきます。

※ブログ記事に関する質問・感想はコメント欄にお願いします
※当サイトのコンテンツは全て私個人の体験・意見です
※当サイトの画像・文章・コンテンツ内容の無断使用・改変・転載・出版を禁じます
※引用は当ページへのリンクを貼っていただければご連絡は不要です
※サイトの運営費用を賄うためアフィリエイトリンク(広告)を掲載しています
この記事を書いた人

自然と芸術を愛する旅人。世界各地で家を借りながら暮らす「デジタルノマド」9年目。40ヶ国。

FOLLOW ME
スポンサーリンク
CookingJapanLife
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Comment