初心者でも出来る!南高梅シロップの作り方【梅仕事】

はじめての梅仕事(c)Megumi Mitani Cooking
スポンサーリンク

こんにちは!フルタイムトラベラー、三谷めぐみ (@meg_intheworld)です。

南高梅の収穫お手伝い最終日。

梅農家さんにお願いし、完熟梅を購入させてもらいました!

恥ずかしながら、これまで「梅仕事」という言葉も知らなかったほど、梅素人の私。

「梅仕事」とは、梅が旬を迎える6月に、青梅や完熟梅を使って、梅干しや梅酒、梅シロップなど保存がきく食品を作ること。

せっかく梅の収穫のお手伝いをしたのだから、私も「梅仕事」をしてみたい!と思い、梅シロップ作りに挑戦してみました。

この記事では、梅初心者でも簡単に作れる梅シロップのレシピと、作る際の注意点をご紹介します!

自分メモ的に、「マイ梅シロップ」の経過も追っていきますので、初めて梅仕事をされる方の参考になれば幸いです!

スポンサーリンク

南高梅シロップの材料と作り方

南高梅シロップの作り方(c)Megumi Mitani

材料・用意するもの

<材料>
完熟南高梅 300g(3Lサイズで7個ほど)
お砂糖 300g

梅は青梅でも可。お砂糖は氷砂糖、きび糖、甜菜糖などお好きなもので!

<用意するもの>
保存用のガラス瓶(1L程度入るもの)
キッチンペーパー
食品用の消毒アルコール(あれば)
爪楊枝や竹串(ヘタがある場合)

作り方

  1. 完熟梅はヘタが残っていないことが多いですが、青梅など梅にヘタがついている場合は、爪楊枝や竹串でひとつひとつ取り除きます。
  2. 梅の表面をよく水洗いし、水を切ります。
  3. キッチンペーパーで、丁寧に水分を拭きます。
  4. 保存瓶を食品用のアルコール(または熱湯)で消毒します。
  5. 消毒した瓶に、梅を数個入れ、砂糖を入れ、梅、砂糖と交互に入れていきます。
  6. 蓋をしたら完成!直射日光の当たらない場所に置きます。

あとは、1日に2回ほど、保存瓶を上下に振るだけ。
2〜3週間で、美味しい梅シロップの出来上がり!(の予定。笑)

注意点

  • 洗った梅に水分が残っていると、腐敗の原因になるので、ヘタの部分もしっかり水分を拭き取りましょう!
  • 最初の1-2日なら平気だと思いますが、梅がずっと空気に触れたままだと、カビや腐敗の原因になりるので、1日2回は瓶を振ってあげましょう。

マイ完熟梅シロップの経過観察

氷砂糖で作ることが多いようですが、私はきび砂糖が好きなので、きび砂糖を使いました。

1日目:赤い梅がキレイ!

南高梅シロップ1日目(c)Megumi Mitani

2日目:気温が高かったせいかすでにきび糖が溶け始めてる!

南高梅シロップ2日目(c)Megumi Mitani

3日目:梅シロップが!!

南高梅シロップ3日目(c)Megumi Mitani

4日目:梅シロップが良い香りなので、さらに2本梅シロップを作ることに。真ん中はきび糖、右は三温糖で。

南高梅シロップ4日目(c)Megumi Mitani

5日目:梅がシワシワになってきた。

南高梅シロップ5日目(c)Megumi Mitani

6日目:梅が浮き始めた。

南高梅シロップ6日目(c)Megumi Mitani

7日目:さらに梅から果汁が出てるよう。

南高梅シロップ7日目(c)Megumi Mitani

8日目:梅が完全に浮いてる。

南高梅シロップ8日目(c)Megumi Mitani

9日目:前日とあまり変化なし。きび砂糖が溶けにくいのか溜まっている。

南高梅シロップ9日目(c)Megumi Mitani

10日目:梅がさらにシワシワに。後から仕込んだ2本も順調に進んでる。

南高梅シロップ10日目(c)Megumi Mitani

実はこの梅を使って、梅の酵母パンを作りたいので、そろそろ取り出しても良いかな?待った方がいいかな?と悩み中。

10日目と、3週間後の梅だと、酵母菌の強さに違いがあるのか実験してみる予定!

きび砂糖は溶けにくいのかも。1日に何度も瓶を振ったけど、底に残って溶けないので、スプーンでかき混ぜたり。三温糖は放っておいても自然に溶けていく感じでした。

2週間後、3週間後、完成まで、随時アップデートしていきます。

(2024.7.2 update)
17日目:砂糖は完全に溶けシロップができています。蓋を開けると、ものすごいいい香り!

南高梅シロップ17日目(c)Megumi Mitani

※ブログ記事に関する質問・感想はコメント欄にお願いします
※当サイトのコンテンツは全て私個人の体験・意見です
※当サイトの画像・文章・コンテンツ内容の無断使用・改変・転載・出版を禁じます
※引用は当ページへのリンクを貼っていただければご連絡は不要です
※サイトの運営費用を賄うためアフィリエイトリンク(広告)を掲載しています
この記事を書いた人

自然と芸術を愛する旅人。世界各地で家を借りながら暮らす「デジタルノマド」9年目。40ヶ国。

FOLLOW ME
スポンサーリンク
CookingJapanLife
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Comment