ヘアドネーションは偽善?無意味?それでも私がヘアドネする理由

ヘアドネーションは31cm以上(c)Megumi MitaniColumn
スポンサーリンク

こんにちは!フルタイムトラベラー、三谷めぐみ (@meg_intheworld)です。

先日、友人からこんな話を聞きました。

私もヘアドネしようと思って髪の毛を伸ばしていたけど、職場の人に「偽善者」と言われちゃって・・。否定できなかった自分もいるし、ヘアドネするのやめようかなと思ってるんだ。せっかくここまで伸ばしたんだけどね。。

うつむきながら話す友人にかける言葉を探しながら、面と向かってそんなことを言うオトナがいる事に驚きを隠せずにいました。

残念ながら「ヘアドネは偽善」「ヘアドネなんか意味無い」「他人の髪の毛を使ったウィッグなんて気持ち悪い」と思う人も少なくないようで・・・。

そこで、彼女のように「ヘアドネに興味はあるけど、迷っている人」に、ヘアドネの体験談を交えながら私の考えを書くことにしました。少しでも参考になれば幸いです。

ヘアドネは「偽善」なのか?

ヘアドネは「偽善」なのか。

ヘアドネする人は「偽善者」なのか。

「偽善」とは、「偽り」で「見せかけ」という意味ですよね。

ヘアドネする本人が「ヘアドネしたら「いい人」って思われそうだから、ヘアドネでもしよっかな」と思っていたら、それは「偽善」と言えるかもしれません。

しかし、ほとんどの人は「いい人に見られたいから」ヘアドネーションをするわけではない、と私は思います。

なぜなら、31cm以上の髪の毛を伸ばすには時間がかかるから。

「周りからいい人に見られたい」という理由だけで、真夏の湿気が多い時期に、ドライヤーで長〜い髪の毛を15〜20分かけて乾かせますか?毎日。

乾燥する秋冬は髪が傷まないよう、毎日お手入れできますか?

私は無理です。「いい人に見られる」ことが目的だったら。

もし私が「いい人に見られたい」だけなら、ヘアドネじゃなくていいし。

自分にできることは他にたくさんあるから。

ヘアドネは「したいから、する」で良い

そもそも。ヘアドネーションする人は、2つのパターンがあると思います。

①もともと髪の毛が長くて、ヘアドネをする人
②ヘアドネをするために、髪の毛を伸ばしている人

私はどちらも経験しています。

はじめてヘアドネした時は①でした。

海外ノマド生活を始めて半年ほど経った頃。

ノマドになってから自分の好きなことばかりやっていて、ボランティア活動や寄付が全然できていないな・・。

と気付いたのです。

もともと髪は長かったのですが、旅先でも伸ばし続け、日本に帰国した時に40cmのヘアドネをしました。

それが1回目。

2回目と3回目は、ヘアドネをするために髪の毛を伸ばしました。

3回やってみて思うのは

「もともと長い髪の毛をヘアドネをする」にしても、「ヘアドネをするために髪の毛を伸ばす」にしても、「自分がしたいから、した」ということです。

正直に言うと、はじめてのヘアドネは、ずっと伸ばしてきた(一緒に世界を旅してきた)髪を切るのに、少し勇気がいりました。

そして、切る前は「ウィッグを待っている子供たちの役に立てたらいいな」と、少なからず思っていました。

ところが。

美容師さんが私の髪にハサミを入れ、ヘアドネ用に40cmカットしてくれた時に「あ。これは、私がしたいからしているんだ。」と気付いたのです。

「誰かのために」だなんて、押し付けがましいな、と。

ヘアドネは「誰かのため」ではなく、「自分がしたいから、する」で良いんじゃないでしょうか。

ヘアドネは意味ない?気持ち悪い?

「ヘアドネは偽善」「ヘアドネは意味ない」「髪の毛を寄付するとか気持ち悪い」と言っている人たちがいることを知って、思い出したことがあります。

2011年に「東日本大震災」のボランティア活動をしていた時のことです。

当時、私は会社員でした。

金曜日は定時退社をして、一旦自宅に戻りシャワーを浴びて、夜行バスで東北へ。土日にボランティア活動をして日曜日の夜に東京に戻ってくる。ということを月に1〜2回していました。

このことは家族と親友以外には言っていなかったし、言うつもりもなかったのですが。

月曜日のランチで「みんな週末何してた〜?」という何気ない会話の時に、嘘をつくのも嫌だなと思い「東北行ってました」と言いました。

どうやらそれが、他の人にも伝わったらしく。

ミーティングが始まる前に、休憩エリアにドリンクを買いに行くと、ある男性の先輩からこう言われました。

「聞いたよ!ボランティアに行ってるんだって?それも1人で。何?出会い求めてんの?(笑)そうじゃなきゃ、わざわざお金使って、週末を犠牲にして、そんなことしないでしょ〜(笑)」

この先輩はちょっと変わっているけど、根は悪い人ではない(と思う)ので、この発言にも悪意は感じませんでした。

「そんな発想するの〇〇さんだけですよ(笑)」と返したら、先輩は「え〜!そうかな〜?だってそんなの何の得にもならないじゃない(笑)意味あんの?」と言うのです。笑

もう、考え方や価値観が違いすぎて、笑ってしまったのですが。

その先輩は、本気でそう思っているようでした。

世の中には、本当にいろんな人がいるなぁ、と思った例のひとつです。

 

だから。もし誰かに「ヘアドネなんて偽善でしょ」「人工のウィッグがあるんだし、ヘアドネなんか意味ないよ」「人毛のウィッグなんか気持ち悪い」と言われても、落ち込まないでください。

それは「その人」の価値観だから。

肯定も否定もせず「この人はそう思うんだな」と受け止めればOK。

その上で「自分はどう思うのか、どうしたいのか」を考えれば良いのではないでしょうか。

私は、もし他人から「ヘアドネなんか偽善」だと言われたとしても、ウィッグを待っている子が1人でもいるなら、自分にできることを続けます。

「ウィッグなんかいらないよ」という世界になるまで。

ヘアドネが「特別なこと」でなくなるために

最後に。

日本でヘアドネーション活動を最初に始めたJHD&Cの代表、渡辺さんのインタビューでのコメントをシェアさせていただきます。

髪の毛のない人たちに対して「髪の毛っていいでしょ」「毛があるって素晴らしいですよね」というようなことを少しずつ、無意識のうちに強要している面は否定しきれないと思う。

「結局、ウィッグを着けるしかないかな」というのが「生きづらさ」の原因になると思う。本来、誰がどんな髪型をしようが自由なはずだ。髪の毛があるかないとかに関わらず、みんなが生きやすい世の中になるべきだ。
(引用元:「当事者が辛いのは髪の毛がないことそれ自体だけではない」「ヘアドネーションだけでは解決しない」…善意と協力の本質を考えて

これは、本当にその通りだなと思いました。

芸能人が「ヘアドネをした」というだけでニュース記事になるのは、「特別なこと」をしたという認識が未だにあるから。

おそらくヘアドネをした本人よりも、周りが「ヘアドネを特別視」しているから記事になるのでしょうけど。

先にも書いた通り、ヘアドネをする本人は「したくて、している」だけなので、そこに「特別視」は不要なんじゃないかな、と。

それよりも。

ウィッグを「つける」「つけない」を自由に選べる世界にするには、どうしたら良いかを、ヘアドネする人もしない人も、それぞれ考えることが大切だと思います。

※当サイトのコンテンツは全て私個人の体験・意見です
※ブログ記事に関する質問・感想はコメント欄にお願いします
※当サイトの画像・文章・コンテンツ内容の無断使用・改変・転載・出版を禁じます
※引用は当ページへのリンクを貼っていただければご連絡は不要です
この記事を書いた人

自然と芸術を愛する旅人。世界各地で家を借りながら暮らす「デジタルノマド」7年目。40ヶ国。

FOLLOW ME
スポンサーリンク
ColumnLifeSDGs
スポンサーリンク
Meg In The World

コメント