【アルゼンチン生活】世界で2番目に美しい本屋さん

世界で2番目に美しい本屋さん(c)Megumi Mitani(c)Megumi MitaniArgentine

こんにちは!フルタイムトラベラー、三谷めぐみ (@meg_intheworld)です。

現在地:アルゼンチン🇦🇷ブエノス・アイレス

日本やアメリカではKindleやiPadの普及により、デジタル・デバイスで本や雑誌を読む人が増えていますが。

アルゼンチンの人々は、手にとって本を読むのが好きだそう。

確かにブエノス・アイレスでは、電車の中で本を読んでいる人も多く、本屋さんとカフェが一緒になっているお店もたくさんあります。

そして、ここブエノス・アイレスには「世界で2番目に美しい本屋さん」があるのです!

この記事では、アルゼンチンのブエノス・アイレスにある世界で2番目に美しい本屋さん「El Ateneo Grand Splendid」をご紹介します!

豪華絢爛!芸術の歴史を感じる本屋さん

2008年にイギリスのガーディアン紙で「世界で2番目に美しい本屋さん」として選ばれたこともある「El Ateneo Grand Splendid(エル・アテネオ・グランド・スプレンディッド)」。

書店に一歩足を踏み入れた瞬間から「ここはどこ?」「本当に本屋さん??」と驚くくらいゴージャスな空間が広がっています。

この世界で2番目に美しい本屋さんは、もともとはアルゼンチンの音楽業界で大成功を収めた起業家のマックス・グリュックマンのために作られたもの。

1919年5月「テアトロ・グラン・スプレンディッド」という名の劇場としてオープンして以来、数々のタンゴ・ショーが上演されました。

その後、20世紀後半には映画館へと変貌を遂げます。

そして2000年。建築家フェルナンド・マンゾーネによるリノベーションが施され、現在の「エル・アテネオ・グランド・スプレンディッド」が誕生したのです。

見た目だけじゃない!品揃えも凄い

ElAteneo(c)Megumi Mitani

「世界で2番目に美しい本屋さん」として知られるようになってからは、アルゼンチン国内からだけではなく、世界中からの旅行者が訪れる人気のスポットに。

「エル・アテネオ・グランド・スプレンディッド」が凄いのは、豪華で美しい建築や内装だけではなく、本のセレクションもブエノス・アイレス最大級。

本好きで知られるアルゼンチン人を飽きさせないよう、地下1階から3階まで幅広いジャンルの本やCD/DVDが並んでいます。

本好きならば、丸1日ここで過ごせてしまうほど。

劇場のステージで本とコーヒーを楽しむ

エル・アテネオ・グランド・スプレンディッド・(c)Megumi Mitani(c)Megumi Mitani

地下1階から3階まである店内の中で、是非ゆっくり過ごして欲しいのが、劇場のステージの上。

赤いカーテンの奥がカフェになっていて、美味しいケーキやコーヒーと共に本を楽しむことができるのです。そう、劇場のステージの上で!

こんなことができる本屋さん、なかなか無いですよね〜。ぜひ優雅な気分を味わってください。

カフェはとても人気なので、満席だった場合は、ステージの左右にあるボックス席へ。こちらも座り心地の良い椅子があるので、ゆっくり本を楽しむことができます。

本に飽きたら3階のアート・ギャラリーへ

El Ateneoギャラリー(c)Megumi Mitani

「本」って言っても、スペイン語も英語も分からないし・・。という方は、3階にあるアート・ギャラリーへどうぞ。

アートを楽しんだ後は、バルコニーに立って天井を見上げてみて。

1919年にイタリア人の画家ナザレノ・オルランディによって描かれた、第一次世界対戦後の平和をテーマにしたフレスコ画を見ることができます。

エル・アテネオ(c)Megumi Mitani

エル・アテネオの店舗情報

エル・アテネオ・グランド・スプレンディッド
【住所】Avenida Santa Fe 1860
【アクセス】地下鉄 Callao駅からAv.Callao(カジャオ通り)をAv.Santa Fe(サンタフェ通り)に向かって3ブロック目。

ブエノス・アイレスに行ったら、ぜひ立ち寄ってみてくださいね!

※当サイトのコンテンツは全て私個人の体験・意見です
※ブログ記事に関する質問・感想はコメント欄にお願いします
※当サイトの画像・文章・コンテンツ内容の無断使用・改変・転載・出版を禁じます
※引用は当ページへのリンクを貼っていただければご連絡は不要です

この記事を書いた人

自然と芸術を愛する旅人。世界各地で家を借りながら暮らす「デジタルノマド」7年目。40ヶ国。

FOLLOW ME

スポンサーリンク
ArgentineTravel
スポンサーリンク
Meg In The World

コメント