ビザ免除!ブラジルにビザ無しで入国【リオ・オリンピック】

ブラジル観光ビザ免除(c)Megumi Mitani Brazil
スポンサーリンク

こんにちは!フルタイムトラベラー、三谷めぐみ (@meg_intheworld)です。

現在地:ブラジル🇧🇷サンパウロ

今日のサンパウロ、とっても良いお天気です!

リオから戻ってちょうど1週間ですが、ずーっと青空で本当に最高に良いお天気が続いています。

冬のブラジルは湿気も少なくカラっとしていて、ハワイやロサンゼルスにいるみたい!

今日はブラジルの入国、ビザ緩和について。
オリンピックを現地観戦する方や、この期間にブラジルに旅行を考えている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

ブラジル「観光ビザ」を免除

ブラジル行き飛行機(c)Megumi Mitani

ご存知の方もいると思いますが、ブラジル政府はオリンピック開催にあたり、入国に必要な「観光ビザ」を免除しています。

ビザ免除対象:日本・アメリカ・カナダ・オーストラリア国籍保持者
対象期間:2016年6月1日〜9月18日

この期間に入国すれば、最長90日間ビザ無しでブラジルに滞在することができます

通常、日本人がブラジルに入国するにはビザが必要。

駐日ブラジル大使館に行って観光ビザを取得しなくてはいけませんが、免除期間中は日本のパスポートがあれば入国できます

航空会社のスタッフもまだ知らない!?

ブラジル観光ビザ免除(c)Megumi Mitani

今回私たちは、アメリカからアルゼンチン。アルゼンチンで2ヶ月過ごした後にブラジルで2ヶ月過ごしてアメリカに戻ってくる航空券を買いました。

そのため、ニューヨークの空港(JFK)のチェックインカウンターで「アルゼンチンの後はブラジルに行くのね?ビザは持っているわよね?」と聞かれました。

アルゼンチンのエセイサ空港でも「ブラジル入国にはビザが必要だけど、持ってる?」と聞かれました。

オリンピック期間中は、日本国籍とアメリカ国籍の旅行者はビザ免除されているんです。

と伝えると「あらそうなの!?確認するわね。」と言って、「あ!ほんとね。知らなかった。」と言っていました。

エアラインのスタッフでも知っている人と知らない人がいるみたいです。

リオ・デ・ジャネイロの入国審査

ブラジル入国審査(c)Megumi Mitani

無事に搭乗券を発行してくれたけど、ビザのルール変更はよくありそうだし、ブラジルに着いて入国するまで分からないな・・と思っていたのですが。

リオ・デ・ジャネイロの空港に着き、入国審査の列に並ぶこと10分。
問題なく通過できました!

到着したのはお昼の12時頃。

機内で配られる出入国書類に記入して、イミグレーションまで進みます。

係りの方が「ブラジル人」「ブラジル人以外」と言っているので、ブラジル人以外の方へ。

イミグレは空いて15人くらいしか並んでいませんでした。

しかもサクサクと進むのです。

10分で私の番が来ました。

パスポートと出入国書類を提出すると、パスポートと私の顔を見る入国管理官。

「日本人だね」とニコっと笑いながら言われ、パスポートをスキャンし、入国スタンプを押し、出入国用紙と共に私に返却してくれました。

え!もう終わり!?何も聞かないの?
観光かも、滞在予定期間も、滞在先も?
顔写真や指紋は撮らなくていいの?

というくらい、あっけなく終了。

 

これがアメリカだったら、根掘り葉掘り聞かれるのに。

「日本人なのに、なんでアルゼンチンから来たんだ?」
「何のために?」
「どこに滞在するんだ?」
「アメリカに来てなにをするつもりだ?」
「なぜここを選んだ?友人がいるのか?」
「仕事は?収入は?」
「なんでこんなに長い間旅しているんだ?」
「この前アメリカに来たのはいつだ?」
「なんで1年間に2回も来るんだ?」

などと・・。

ブラジルの後はカナダに行く予定で、その後またアメリカに入るので、その時の入国審査が今から憂鬱です。。

ブラジル出国用書類は紛失注意

ブラジルイミグレ書類(c)Megumi Mitani

これからブラジルに来られる皆様、観光ビザなくても入国できましたのでご安心を!

パスポートと一緒に渡される出国書類は出国まで大事に保管しておきましょう。

紛失すると出国の際に面倒です。(←過去に他の国で紛失して罰金払った経験アリ)

まだ、ブラジルに行く際は海外旅行保険もお忘れなく。

※ブログ記事に関する質問・感想はコメント欄にお願いします
※当サイトのコンテンツは全て私個人の体験・意見です
※当サイトの画像・文章・コンテンツ内容の無断使用・改変・転載・出版を禁じます
※引用は当ページへのリンクを貼っていただければご連絡は不要です
※サイトの運営費用を賄うためアフィリエイトリンク(広告)を掲載しています

この記事を書いた人

自然と芸術を愛する旅人。世界各地で家を借りながら暮らす「デジタルノマド」7年目。40ヶ国。

FOLLOW ME

スポンサーリンク
BrazilNomadTravel
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Meg In The World

Comment