ホテルと民泊どちらが安全?【ウィズコロナの旅行】

Hotel Or Airbnb with Coronavirus(c)Megumi MitaniAirbnb

こんにちは!フルタイムトラベラー、三谷めぐみ (@meg_intheworld)です。

今回は、新型コロナウィルスが収束した場合の旅行について考えてみたいと思います。

残念ながら「アフターコロナ」はまだまだやってきそうにないので、コロナ禍の旅行(withコロナの旅行)を。

アフターコロナ(ニューノーマル)の旅行はどうなる?にも書いた通り、ウィズコロナの旅行で最も気になるのは、やはり宿泊施設の衛生面と感染防止対策ではないでしょうか。

この記事を書いた人

フルタイムトラベラー。海外デジタルノマド6年目。
世界各地のAirbnbで家を借りながら暮らす旅人。ライター。翻訳家。LINE トラベルjpナビゲーター。

*当サイトのコンテンツは全て私個人の体験・意見です
*当サイトの画像・文章・コンテンツ内容の無断使用・改変・転載・出版を禁じます(法的措置対応)

三谷めぐみをフォローする

ホテルと民泊どちらに泊まりたい?

来週から始まる予定のGo Toキャンペーンを利用する人もいれば、旅行なんてまだ先の話!と思っている方もいると思いますが、みなさんが「旅行をしたい!」思った時のことを想像してみてください。

ホテルと民泊どちらに泊まりたいですか?

宿泊するとしたら?
アンケート結果は投票後に表示されます🙆‍♀️
ぜひ投票に参加してみてくださいね!

ホテルの感染防止対策

新型コロナウィルスの影響で大打撃を受けてしまっている観光産業。😢

そんな中、観光地や宿泊施設は、観光客に戻ってきてもらおうと努力をされています。🙏

みなさんは、宿泊施設がどのような新型コロナウィルス感染症予防対策を行っているかご存知ですか?

ホテル公式サイト等で調べてみたところ、国内外関わらず多くのホテルで、各ホテルが行っている感染防止対策が記されていました。

調べた中で最も分かりやすかった帝国ホテルでの対策をご紹介します。

時間がある方は、まずは下記の映像をどうぞ。
時間がない方は、映像の下へ。

帝国ホテルでの感染予防対策のポイントは👇

・ホテル入口でのサーモグラフィーによる検温
・チェックイン時に体調チェック
・アクリル板設置
・アルコール消毒液を増設
・エレベーター等の共有部分を30分に一度消毒
・スタッフはフェイスシールド・マスクを着用
帝国ホテルと同様の対策をとっているホテルも多く安心して過ごせそうです。

アパホテルでは、アプリ上で事前チェックインができ、チェックイン・アウトの接触を最低限にすることが可能ですし、マリオット・インターナショナルのホテルは、アプリでのオンラインチェックインだけでなく、スマホがルームキーにもなる上、ルームサービス等もアプリ上で行えます。

1月下旬に武漢からの帰国者を受け入れたホテル三日月では、亀田総合病院監修の感染予防講習を全スタッフが受講するなど、ホテル独自の対策を行っているホテルも。

一方で、感染予防対策に関する情報がないホテルもあったので

ホテルを予約する前に、そのホテルがどのような対策をしているか調べることをオススメします🙆‍♀️

民泊(Airbnb)の感染防止対策

では、民泊はどうでしょうか?

Airbnb(エアビーアンドビー)、STAY JAPAN(ステイジャパン)など、様々な民泊サービスがありますが、ここでは、世界的に利用者が多いAirbnbの取り組みを参考にしたいと思います。

・専門家監修の元に「新しい清掃スタンダード」を作成
・上記を順守している場合、特別なマークが表示される(ゲストが予約する際の判断材料になる)
・予約の間に72時間の「準備期間」を設定することが可能に

6月にAirbnbが作成した「清掃ハンドブック(PDF)」は清掃や除菌のポイントが細かく書かれいます。

ホストや清掃業者がこのマニュアル通りに清掃・除菌をしてくれていたら、ゲストとしては安心感がある内容です。

その他、AirbnbのCODIV-19感染予防対策は以下を参照ください。

ホステル(シェアルーム)は終わる?

世界一有名なガイドブック『ロンリープラネット』に「私たちが知っているホステルは終わる?」という記事がありました。

アムステルダムにあるホステルは営業を再開しており、他人と同じ部屋に宿泊するドミトリーにも旅行者が戻ってきている、とのこと。

ホステル側は、これまでのようにベッド1台ではなく、家族やグループで部屋ごと借りることを推奨したり、ドミトリーだった部屋をプライベート(個室)に改造。

日本のホステルを調べてみたところ、個室やドミトリーの部屋をマンスリーで貸し出したり、フロアごと貸し出しているところがありました。

ウィズコロナ、アフターコロナで、ホステルの在り方や利用の仕方も変わって行きそうです。

世界各地でAirbnb暮らしをしてきた私の意見

過去5年間、海外でフルタイムトラベラー/デジタルノマドとして暮らしてきた私は、年間9ヶ月ほどAirbnb等の民泊を利用していました。

なので、普段はホテルよりAirbnb派なのですが、アフターコロナ(ウィズコロナ)では、まずはホテルや旅館に泊まりたいと考えています。

民泊施設というのは、どうしても清掃レベルに差があるので・・。

あまり大きな声では言えませんが。
私の経験上、日本の民泊施設の清掃レベルは、世界の標準に比べて低いと感じます🤫

床にホコリが溜まっていたり、寝具に髪の毛がついていたり、ゴミが捨てられていなかったり、キッチンや食器が汚れていたり・・。

きちんとレビューを読んで選んでいても、そういう施設に5〜6回(確率的には30〜40%くらい?)当たってしまいました。

海外のAirbnbでは、そういうことは滅多にないし、 日本=清潔だと信じ込んでいたので、はじめて日本で民泊を利用した時は正直ショックでした。

そんな経験をしていることもあり、衛生面が以前より気になるコロナ禍で民泊を利用するのは、ちょっとリスキーかな?と思っています。

Airbnbや民泊予約サイトが、ウィズコロナの清掃基準を設けていたとしても、ホテルのように定期的に管理者がチェックすることは物理的に不可能で、結局はホスト個人に委ねられているからです。

ただ、清掃も感染症対策もしっかりしている民泊であれば、ホテルよりも安全かもしれません他人との接触が少ないので。

みなさんは、コロナ禍の宿泊で、どんな点が気になりますか?良ければコメント欄で聞かせてください😊

*当サイトのコンテンツは全て私個人の体験・意見です
*当サイトの画像・文章・コンテンツ内容の無断使用・改変・転載・出版を禁じます🙅‍♀️
*ブログ記事に関する質問・感想はコメント欄にお願いします🙏
*その他の質問はHOMEの「期間限定 質問箱」バナーからどうぞ😊

 

この記事を書いた人

フルタイムトラベラー。海外デジタルノマド6年目。
世界各地のAirbnbで家を借りながら暮らす旅人。ライター。翻訳家。LINE トラベルjpナビゲーター。

*当サイトのコンテンツは全て私個人の体験・意見です
*当サイトの画像・文章・コンテンツ内容の無断使用・改変・転載・出版を禁じます(法的措置対応)

三谷めぐみをフォローする

 

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Airbnb Japan News Travel
三谷めぐみをフォローする
スポンサーリンク
Meg In The World

コメント