【アルゼンチン生活】ブエノスアイレスの闇両替【2016年5月現在】

cambio (c)Megumi Mitani Argentine
スポンサーリンク

こんにちは!フルタイムトラベラー、三谷めぐみ (@meg_intheworld)です。

現在地:アルゼンチン🇦🇷ブエノス・アイレス

アルゼンチンの牛肉、赤ワイン、ジェラートの美味しさと、物価の安さに毎日感動しています。

昨日はブエノスアイレスの治安と安全対策について書きましたが、今日はアルゼンチンの「闇両替」について。

アルゼンチンといえば「闇両替」と言われるくらい有名な、アルゼンチンの闇両替。2016年現在の闇両替事情をお届けします。

スポンサーリンク

2016年5月現在の闇両替事情

f:id:megintheworld:20160506060650j:plain

Photo: 100ペソはエビータ。紙幣のデザインは近々変わるとか。

私たちが最初の1週間滞在したホテルはフロリダ通りにありました。

フロリダ通りには「Cambio Guys」が毎日います。

利用しているコワーキング・スペースもフロリダ通りからすぐなので、「外国人」である私たちは今も毎日のように「Cambio Guys」に声をかけられます。

「Cambio Guys」とは私が勝手にそう呼んでいる、フロリダ通りで「ガンビオ〜」「ガンビオ〜ガンビオ〜」と観光客に一日中声をかけて闇両替をする人達の事。

Cambioはスペイン語で「両替」という意味です。

アルゼンチンの経済は動きが激しいので、アルゼンチン・ペソも不安定。日によってUSドルとペソの価格が大幅に変わることもあります。

そのため、アルゼンチンには公式レートと闇レート(ブルーレート)が存在するのです。

最近まで、公式レートと闇レートは1.5倍〜2倍くらい違うこともあったでの、バックパックーや世界一周旅行者の間では「パタゴニアに行く前にブエノス・アイレスのフロリダ通りでUSドルをアルゼンチン・ペソに闇両替する」というのが旅費を抑える為のトラベルハックだったとか。

ただ、今現在(2016年5月)は公式レートと闇レートの差は僅か。

例)1USD= 公式レート 14.54 peso 闇レート 14.66 peso

先月は1USDで50pesoくらい開きがあったけど、今は10pesoしか変わらない。

公式レートと10pesoしか変わらないのであれば、偽札を混ぜられるかもしれないブルーレートで両替する必要もないと思い、結局一度もCambio Guysのお世話にはなっていません。

公式レートと闇レートの差が縮まったこと、持参したUSドルは緊急時用にキープしておきたいので。

というわけで、私はブエノス・アイレスでは主にクレジットカードを利用し、現金はATMで引き出すようにしています。

手数料はかかるけど、結局これが一番簡単で安全な方法だと思います。

※ブログ記事に関する質問・感想はコメント欄にお願いします
※当サイトのコンテンツは全て私個人の体験・意見です
※当サイトの画像・文章・コンテンツ内容の無断使用・改変・転載・出版を禁じます
※引用は当ページへのリンクを貼っていただければご連絡は不要です
※サイトの運営費用を賄うためアフィリエイトリンク(広告)を掲載しています

この記事を書いた人

自然と芸術を愛する旅人。世界各地で家を借りながら暮らす「デジタルノマド」7年目。40ヶ国。

FOLLOW ME

スポンサーリンク
ArgentineTravel
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Meg In The World

Comment