イタリアの現地SIMはTIMがオススメ!購入手順・プラン・注意点まとめ【2019年10月版】

イタリア現地SIM(c)Megumi MitaniItaly

こんにちは!フルタイムトラベラー、三谷めぐみ (@meg_intheworld)です。

📍現在地:パレルモ🇮🇹 シチリア州 イタリア
イタリアに来てちょうど1ヶ月が経ちました!
ニューヨークからミラノの空港に降り立った時は、久しぶりのヨーロッパに少し緊張しましたが、イタリアが大好きになりました🇮🇹
さて、先日インスタのフォロワーさんから質問をいただきました。

イタリアの現地プリペイドSIMはどれがおすすめですか?

私の答えは

TIMがオススメです!今も使ってます。

私がイタリアのプリペイドSIMならTIMをおすすめする理由、他社との比較、TIMのTourist SIM(ツーリストシム)の購入方法、そして気をつけるべき点、イタリアのWi-Fi事情を解説します!

イタリアの現地SIMはTIMかVodafoneの2択

イタリアに来る前、イタリアのプリペイドSIMについて日本語と英語で調べた結果、私はTIMにしました。

TIMはイタリアの大手携帯電話会社で、日本でいうドコモみたいな感じです。
そして昔日本にも参入していたVodafoneもイタリアのメジャーキャリアです。

他にWind, Tre, iliadなどの会社もありますが、私はオススメしません。
理由は、カバー率の高い大手のTIMですら、ビルの中や駅などの混雑したエリアでは電波が弱く使えないことがあるからです。

2019年10月7日現在「トリノでWind Tre illiadの電波が不安定だという問題が起こっており、2019年いっぱい続く可能性がある」という記事も。

イタリアのインターネット環境は日本やアメリカより不安定なので、大手2社以外は使えない可能性が高いからです。

日本人ブロガーがおすすめしているイギリスのThreeは?

日本のブロガーさん達はイギリス発のThreeを押している人が多いですね。

おそらく「Amazonで買える」のが1番の理由かと思いますが

・買って持っていったが繋がらなかった
・すぐに使いたくてThreeを買って行ったが、使えないので結局イタリアの現地SIMを買った
・ドイツやイギリスでは問題なく快適に使えた

と使う国やスマホによって使えたり、使えなかったりみたいです。
Threeを考えている方は、イタリアに飛ぶ前に設定方法などよく調べた方が良さそうです。

というわけで、結論。

2019年10月現在、イタリアで快適に使える現地プリペイドSIMはTIMまたはVodafoneの2択です!

TIMかVodafoneか?プランと価格を比較

電波やデータ通信の利用範囲はTIMでもVodafoneでも大差はありません。

料金もほぼ同じ。

しかし、TIMとVodafoneではプランの内容が異なります。

TIMのTourist SIM(ツーリスト・シム)

Italy-TIM-tourist-SIM(c)Megumi Mitani

私が今使っているのがこのTIM Tourist SIM

通話:200分(イタリア国内・海外)
データ通信:15G(そのうち6Gはイタリア外のEU圏で利用可)
通信速度:4G
利用期間:30日(更新不可)
価格:€20+€10(SIMカード代)=€30(約3600円=1ユーロ120円で計算)
ちなみに、TIMのストアに行ったらデータ通信のみのプランもありました。
22GBで€25 (iMessage、iCloud、FaceTime含まず)
50GBで€30
後から来たパートナーは50GBで€30のデータ通信プランを買いました。
通話が必要になったら私の携帯を使えばいいしね!と。
この決断が後に吉となるとは購入時点では知る由もなく・・😱(後述)

VodafoneのVodafone Holiday(ボーダフォン・ホリデー)

続いてVodafoneのプリペイドSIM Vodafone Holiday

通話:300分(イタリア国内・海外)
SMS:300通
データ通信:2G(インターネット、Skype含む)
通信速度:4G
利用期間:4週間(自動更新)
価格:SIMカード代込 €30(約3600円=1ユーロ120円で計算)
こちらはよく電話をする、SMSを使う人向け。
データ通信は2GとTIMの7分の1・・・。
アメリカのブロガーで「Vodafoneショップに行ったら特別キャンペーンで€30 15Gのプランがあった(2019年1月)」という人もいたので、オンラインには出ていないプロモーションもあるようですね。(時間ある時にVodafoneショップに行ってみてきます)

TIMのTourist SIM購入方法

私がイタリアの空港に着いてから実際に購入した方法をご紹介します。

「ミラノ・マルペンサ空港にTIMショップがある」という情報があったのですが、見つけられなかったので、空港のフリーWi-Fiに繋いで買いました。

イタリアに来る前に買ってももちろん大丈夫です。

Italy-TIM-tourist-SIM(c)Megumi Mitani

  1. こちらのページの「BUY」ボタンをクリック
  2. 氏名と住所、メールアドレスを入力
  3. 支払いに進む(クレジットカードまたはPayPal)
  4. メールが届くのでリンクをクリック
  5. PDFファイルが開きPIN CODEが表示される
  6. あとは、イタリア内にあるTIMショップへ行きパスポートとPINコードを見せればOK

オンラインで決済したくない方は、直接店舗に直接行って「Tourist SIMを買いたい」と言えばその場で買うこともできます。

TIM Tourist SIMの注意点

イタリア現地SIM(c)Megumi Mitani

Tourist SIMを使い始めて2日目までは何の問題もなく使えていました。

やっぱりどこでもデータ通信が使えるのは便利だなぁ〜😊と思っていたら、3日目の朝突然使えなくなりました😱

その日はチンクエテッレを観光していたのでTIMショップなど見当たらず・・・。
パートナーのTIMのデータをデザリングして使わせてもらいました。

4日目の朝。やっぱりおかしい!と思いラ・スペツィアという街のTIMショップへ。

するとイタリア語しか話さない老齢の男性スタッフが。
なんとか事情を伝えると調べてくれました。

👴「クレジットがマイナス€1.86になってるから使えないんだよ。」

👩🏻「え?マイナスってどういうことですか?」

👴「SMS使ったでしょ?その料金。」

👩🏻「SMS使ってないですよ。」

👴「でもマイナスだからチャージしないと。ここだと最低チャージ額が€10だけど、Tabacciなら€5で買えるよ。」

と言われ、Tabacci(タバコ他バスや電車のチケット等を売っている売店)に行って€5買いチャージしました。(写真の右下の€5というカードが追加で買ったもの)

SMSなんて使ってないのに・・とボヤいていたら、パートナーが「あ。TIMはツーリスト詐欺!っていうブログがいくつも出てきたよ。」と。

読んでみたら、私だけでなく他の旅行者も3日目あたりから使えなくなったとのこと。

他の旅行者のブログを見てみると「iMessage、iCloud、FaceTimeの設定全てをオフにしないと使えなくなる」と書いてありました。

私はiMessageもiCloudもFaceTimeも使っていなかったのですが、どうやらオンにしているだけで毎日€0.99引かれていたようです。

Italy-TIM-tourist-SIM4(c)Megumi Mitani

使ってないのに残高がマイナスに・・・。

Tourist SIMはアクティベート用のクレジット€1はパッケージに含まれていますが、それを超えるとマイナスになり電話もデータ通信も使えなくなるようです😠

€5追加したから、結局1ヶ月€35(4200円)に。
最初に店舗で確認しなかった自分も悪いし、たった€5だけどちょっと騙された感。
詐欺だ!と怒る人の気持ちも分かる。

なので、これから買うiPhoneユーザーの方はご注意ください!

iMessage、iCloud、FaceTimeの設定全てをオフにする

電話とデータの使用量チェックはTIMのアプリが便利!

Italy-TIM-tourist-SIM4(c)Megumi Mitani

通話やデータ通信の容量がどのくらい残っているか確認するにはTIMのアプリ「My TIM」が便利です。

電話番号(TIMの)とメールアドレスで登録すれば、いつでも残高チェックができます。

また、残高が少なくなったらTIMストアやTabacciに行かなくてもアプリ上でチャージが可能です。

補足:イタリアの無料Wi-Fi事情

日本のフリーWi-Fiもアメリカやタイ等と比べると不便な事が多いですが、イタリアの無料Wi-Fiは日本以上に使えません・・。

空港のフリーWi-Fiは問題なく快適に使えましたが、駅や街中のWi-Fiは速度が遅いか繋がってるのに使えないことが多かったです。

Wi-Fiやデータ通信がなくても良い人や、ホテルで使えればOK!という人以外は、現地SIMを買うか、海外WiFiレンタル【GLOBAL WiFi】などを持っていくことをオススメします。

詳しくはLINE トラベルjpに寄稿したこちらの記事をご覧ください。

ブログ記事に関する質問・感想はコメント欄にお願いします🙏 (FacebookInstagramTwitterへのDMやメッセージへの個別返信はしておりません)
この記事を書いた人

フルタイムトラベラー。デジタルノマド5年目。
世界各地のAirbnbで家を借りながら暮らす旅人。ライター。翻訳家。
LINE トラベルjpナビゲーター。

三谷めぐみをフォローする
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ItalyTravel
三谷めぐみをフォローする
スポンサーリンク
Meg In The World by Megumi Mitani

コメント