アメリカの税関国境警備局からメールが来た

Travel

こんにちは!フルタイムトラベラー、三谷めぐみ (@meg_intheworld)です。

前回の更新から少し時間があいてしまいました。
ポートランド生活を終えた後、LAで1週間太陽光をたっぷり浴びて、数日前に帰国しました!
2ヶ月くらいは日本にいる予定です。

米国税関国境警備局からメール!?

LAにいたある日の夜こと。
そろそろ寝ようかなぁ〜と思ってiPhoneを手に取りメールチェックをすると。

U.S. Customs and Border Protection Traveler Status Notification」という件名のメールが2件来ていました。同じメールが2つのメールアドレスに。

件名だけ見ると、スパムメールのようにも見えるけど、12月の入国時にサンフランシスコ国際空港のイミグレで別室送りになった私は一瞬固まりました。

え。なんでメールが来るの?
まさか別室でiPhoneチェックされた時になにかされてた!?

受け取ったメールが本物か偽物か分からなかったけどとりあえず開封してみると、こんな内容でした。

入国審査官
入国審査官

アメリカ滞在、楽しんだか?
念の為リマインドするけど、10日以内に出国しろよ。

あんたの入国記録や詳細はここにアクセスすれば見られるから。

一応断っておきますが、これは意訳です。
別室送り尋問を受けた私のバイアスがかかった意訳です😂

受け取ったメールはもちろんこんなに上から目線ではありませんが、内容は同じです。

これまで何度もアメリカ来ているけど、こんなメールを受け取ったのは今回がはじめて。
翌日に会ったLA在住の2人に見せたら「こんなメール、見たことも聞いたこともないよ。本物?」と言ってました。全く同感。謎です。

U.S. Customs and Border Protectionとは?

U.S. Customs and Border Protection(CBP)とは、アメリカの税関国境警備局。

違法物、危険物、薬物、テロリストなどがアメリカ国内に入らないよう国境で監視調査する部門です。アメリカの渡航ビザESTAを管理しているところでもあります。

私がメールを受け取ったのはおそらくESTAを登録した時にメールアドレスを入力したからかと。
でも2つ入力した記憶はないんだけどな・・・。

ここからは想像でしかないけど、パスポート、ESTA、SNS、クレジットカードなどあらゆる個人情報をアメリカは持っているだろうし、SNSが監視されているというのも数年前から言われているから今更不思議がることでもないのかも。

このメールが本物かニセモノかは分かりませんが、メール送信元のドメインからして多分本物だと思います。

もし「私もこのメール来たよー」という方がいたら教えてください〜。

余談:2人のアメリカ国境職員が犯した罪

CBPについて調べていたら上位表示された映像がコレ。
メキシコから来た16歳の高校生が、2人のアメリカ国境職員に殺されたというもの。
それもイミグレーションのブースで。。

16歳の高校生の所持品に怪しいペットボトル2本を発見した女性職員。

女性職員が「このボトルの中身が怪しいものでないなら飲んでみなさい」と言って飲ませて、隣にいた男性職員も「もう一口飲め」と言って、2人で顔を見合わせ笑っています。

さらに2分後、もう2口飲むよう促されます。

メキシコのティファナ在住の少年は妹を養うため麻薬組織に雇われ、ドラッグが濃縮された液体をアメリカに持ち込もうとしたらしいのです。2人の職員に促され薬物を飲んでしまった少年はその場で手錠をかけられ、発作を起こし、病院に運ばれて30分後に亡くなりました。

本来ならその液体を検査キットを使って調べるべきなのに、怪しいと知っていながら少年に「飲め」と言った2人の職員。

映像の後半で、この件に関して調査を受けた女性職員は「罪の意識を感じませんか?」と聞かれ「いいえ。」と答えています。

男性職員は「(飲めとは言っていない)彼が自ら飲んだんです。」と証言しました。

この件はアメリカ政府が少年の家族に1億円支払って和解となりましたが、謝罪は一切なく、さらに2人の職員に対する懲戒処分もなく仕事を続けているそうです。

この2人だけでなくCBPの職員が犯した罪は数知れず。しかしどの事案も揉み消され、なかったことになっているらしい。詳しくはこちら(英文)

映像にあったように「政治的な力がない人、英語が話せない人、海外から来た人には何をしても良いってことだ」という意識が、例え一部の国境職員にでもあるとしたら・・。

これらのニュースを知った後、SFOで別室送りになり1時間拘束・尋問された時に、何人かのアメリカ人の友人が「苦情を入れるべき!」と怒っていた理由が分かった気がしました。

次は夏頃アメリカに行こうと思っているけど、どうなることやら・・・。

この記事を書いた人

フルタイムトラベラー。デジタルノマド5年目。
世界各地のAirbnbで家を借りながら暮らす旅人。ライター。翻訳家。
LINE トラベルjpナビゲーター。

三谷めぐみをフォローする
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
TravelUSA
三谷めぐみをフォローする
スポンサーリンク
Meg In The World by Megumi Mitani

コメント

  1. しお より:

    私も今日全く同じメールが来ました。それもやはり2つのメールアドレスにです。そして現在ポートランドにいるので、それも同じです^^

    • しおさん、こんにちは😊
      お知らせありがとうございます!もしかしたら最近はじめたのかもしれませんね。
      ポートランド良いですよね!楽しんでください😊✨