trifa(トリファ)のeSIMを使ってみた【ノマド・海外旅行向け】

日本発のeSIM『trifa(トリファ)』を使ってみた(c)Megumi MitaniNomad
スポンサーリンク

こんにちは!フルタイムトラベラー、三谷めぐみ (@meg_intheworld)です。

2015年からデジタルノマドとして世界各地で暮らしてきた私。アメリカイタリアタイミャンマーなどで現地SIMを買って旅をしながら暮らしてきたわけですが。

言語が全く読めない国(ミャンマーやタイなど)では、分からないことも多くなかなか大変でした。

そんな中

日本語で完結するeSIM『trifa(トリファ)のご案内をいただきました。実際に7日間使ってみたので正直レビューをしたいと思います!

trifa(トリファ)って何?

トリファ:海外のインターネットはこのアプリ1つで

トリファ』は世界120ヶ国以上で使える、日本発のeSIMを購入できるアプリです。

eSIMって何?

と思った方は、過去記事で説明しているので読んでみてくださいね。

簡単に説明すると

データ通信や電話に必要な「SIM」のデジタル版。
eSIMは現物では無いので、壊れたり紛失する心配もありません。
個人的には今後eSIMが主流になっていくんじゃないかな?と思ってます。エコだし。

そのeSIMの購入から利用まで1つのアプリで完結できるサービスが『トリファなんです。

trifa(トリファ)を7日間使ってみた

トリファのアプリをダウンロード

トリファtrifaインストール

トリファを使うにはスマホにアプリをダウンロードする必要があります。

対応機種リストはこちら
iPhoneだとiPhone XS以降から最新のiPhone 13まで対応。

iPhoneは、App Storeから、AndroidはGoogle Playから、ダウンロード&インストールすることができます。

トリファAppStore
トリファGooglePlay

ダウンロードしたアプリを開いて、使いたい国を選びます。

トリファの料金プラン

トリファ日本で使ってみた(c)Megumi Mitani

現在日本にいる私は、海外で使う前に、まずは日本で使ってみることに。

トリファが提供する日本国内のプランは3つ。

  • 1GB(7日間)¥2,420
  • 3GB(15日間)¥5,950
  • 10GB(31日間)¥18,970

うーん、意外と高いな・・。

と思いつつも、プランを選ぶと、次の画面でeSIMの詳細を見ることができました。

トリファの料金プラン・購入方法(c)Megumi Mitani

日本国内のデータ回線はソフトバンクを使っているようです。
3G、LTE、4G、5Gが使えて、デザリングも可能
電話番号は「なし」。つまりデータeSIMということ。

1GB 7日間だと¥2,420(税込)なのですが、クーポンコード「APCTR」を入力したら10%OFFに。

なので、1GBだと約2,000円

後述しますが、トリファは海外旅行向けにデザインされているので、日本国内で使うより、海外で使う方が安いようです。

トリファのeSIM設定方法

トリファの設定方法

プランを購入後「マイeSIM」というメニューをタップすると、自分が購入したプランが表示されます。(画像左)

設定方法は、アプリの説明に従うだけですが、「QRコード」と「手動」の2通りあります。私はQRでの設定を試みるも出来なかったため、「手動」で設定しました。(画像中央)

「手動」の場合は、2つのコードをコピーして貼り付けるだけ。簡単!

無事に設定が完了すると、iPhoneの「モバイルデータ通信」がTrifa(トリファ)になっています。(画像右)

トリファのデータ残量確認方法

自分がどのくらいデータを使ったか、データ残量はどのくらいかを確認するには、「マイ eSIM」から購入したプランを選択すると見ることができます。

また、eSIMなので、別のSIMと併用することもできます。
私は普段使っている楽天モバイルとトリファをdualにして使いました。

画像右のSoftbankと表示されているのがトリファで、Rakutenが楽天モバイルです。

トリファの良かった点・メリット

トリファ日本語問い合わせ(c)Megumi Mitani

私が7日間トリファを使ってみて良いな!と思ったのは以下の3点。

1. アプリが使いやすい
「アプリが使いやすいなんて当たり前じゃん」と思われるかもしれないけど、これすごい重要。海外キャリアのアプリはバグも多いし、「Unexpected Error(予期せぬエラー)」を何度見たことか。笑

日本人向けに分かりやすくデザインされたアプリは、ストレスなく使えました。

2. 日本語で完結できる
旅行者やノマドが、海外に着いて真っ先にやることといえば、現地SIMを手に入れること。英語の通じにくい国だと、SIMを買って設定するだけで、時間とエネルギーを消耗します。

トリファなら出発前に買って現地でアクティベートすればすぐ使えるので便利!

3. 日本語のLINEサポートがある
設定方法や「よくある質問」が記載されていても、自分が知りたいことがFAQに載っていないことってありますよね。トリファはLINEで質問すると、日本語で回答してくれます。

私もトリファを使い始めた初日に「データ残量の確認方法」や「PayPayなど支払いアプリが使えない」という問い合わせをしたら、早い時は30分で回答をもらえました

トリファを使う上での懸念点・デメリット

トリファ海外料金プラン(c)Megumi Mitani

トリファを使うデメリットというか、私がブログ読者さんにお伝えしておきたい懸念事項は、ひとつだけ。

正直、現地SIMよりも若干高いです。

2015年から、日本・アメリカ・タイを拠点に暮らしてきたので、主にこの3ヶ国での比較になりますが。

アメリカだとT-mobileのデータ通信を月$10で使っていたし、通話&データのプランでも月$40で10GB使えていたので。

タイでもAISという大手キャリアで1ヶ月2,000円ほどでした。私は買ったことないけど、AmazonでもAISのSIMが600円〜あるみたい。

とはいえ、Amazonで売ってるSIMが現地で使える保証もないし、現地でかかる時間と手間を考えたら、一概に「トリファは高い」ということでもないかな、と。

むしろ現地に着いたらストレス無くすぐにデータ通信を使いたい」という人にとってはかなり便利だと思います。特に7〜15日間程度の短期滞在の場合は現地SIMと価格も大差ないので。

海外で使ってみたいトリファ

今回は日本で試験的に使ってみましたが、次は海外(近日中にタイに行く予定)で使ってみたいな、と思います。

タイで使ってみた感想も、追ってレビューしますね。

トリファのクーポンコード

トリファのクーポンコード(c)Megumi Mitani

最後に。「ちょっと気になる」「使ってみようかな?」という方向けに10%オフになるクーポンを頂いたので、よければ使ってくださいね。

クーポンコード「APCTR」を入力すれば10%OFFになります。

トリファAppStore
トリファGooglePlay

※当サイトのコンテンツは全て私個人の体験・意見です
※ブログ記事に関する質問・感想はコメント欄にお願いします
※当サイトの画像・文章・コンテンツ内容の無断使用・改変・転載・出版を禁じます
※引用は当ページへのリンクを貼っていただければご連絡は不要です

この記事を書いた人

自然と芸術を愛する旅人。世界各地で家を借りながら暮らす「デジタルノマド」7年目。40ヶ国。

FOLLOW ME

スポンサーリンク
NomadTravel
スポンサーリンク
Meg In The World

コメント