スポンサーリンク

アメリカに見る肥満と貧困の関係性

Travel

こんにちは!フルタイムトラベラー、三谷めぐみ (@meg_intheworld)です。

今日はブラジルからアメリカに戻って来て感じた事から派生した、アメリカの食に関する問題について書きます。

写真はロードトリップ中にハイウェイ沿い唯一のレストランで食べた「朝ごはん」。
ブレットプルーフコーヒー(彼)とヨーグルトボウル(私)がいつもの朝ごはんな私たちにとっては、イレギュラーな朝ごはん。IHOPはパンケーキが売りのファミレスです。

肥満を超えた超肥満体型の多さ

8月の2週目にカナダで行われる結婚式に出席するために、ブラジルからアメリカ経由でカナダに行きました。

ブラジルから北米に戻ってきて、まず目についたのは超肥満体型の人の多さ!

世界の肥満大国ランキングで毎年1〜3位に入るアメリカが肥満大国なのは知っていたけど、それにしてもこんなに超肥満体の人が多かったっけ・・・?と驚きました。

アルゼンチンでは、ぽっちゃりしている人は多くても「肥満」と呼ばれるほど身体の大きな人はほとんど見かけませんでした。

ブラジルも身体が大きい人は多いけど、アメリカみたいな「超肥満体」っていう人はそんなにいなかったように思います。

アメリカとカナダは歩いている人の5人に2人は肥満で、10人に1人は超肥満体型なんじゃないかと思うほど、肥満体型の人が多いのです。

「肥満」といっても日本基準の「肥満」ではなくて、自分の足で歩けないからカートに乗って買い物をする中高年、LLサイズと思われるソーダを片手に歩く身体が風船のように膨らんでいる10代の女の子グループ、駐車場で自分の車に乗り込むのも大変そうな身体の大きい男性・・・。

余計なお世話ながら、他人様の身体や健康が本気で心配になるくらいの超肥満体。

ファストフードが好きとは限らない?

アメリカの食文化をまだよく知らない私でも目に付き疑問に思っていたこと。

なぜ肥満体型の人はファストフードや炭酸飲料が好きなんだろう。

アメリカ人だけど「ファストフードを食べることはほとんどない」というアメリカ人のパートナーに聞いてみた。

太っている=ファストフードが好き、という単純なことではなくて、ファストフードしか食べられない人もいるんだよ。

なるほど・・。
確かに、アメリカのレストランは安くない。

カジュアルなレストランのランチで、2人でドリンク1杯ずつ、メイン2品、アペタイザー1品で約60ドル、そこに税金とチップ20%が加算されるので、最低でも80ドル(約9,000円)になる。これにデザートやドリンクのお代わりを頼むとあっという間に100ドルを越える。

アメリカのファストフードの平均客単価は5〜7ドルなので、2人だったら15ドル(約1600円)で済む。基本的にチップも不要なので、レストランの1/5で外食ができるということ。(とはいえ、私たちはファストフードのお店でも、チップボックスが置いてあれば10-20%払うようにしています。彼らの賃金は安いので。)

肥満と貧困の関係性

そうだった。アメリカにも貧富の差はある。

アルゼンチンとブラジルで4ヶ月過ごした後だと感じにくい、というか忘れてしまっていたけど、アメリカも貧富の差が大きい国だ。

リーマンショック以降、ミドル・クラス(中流階級)のほとんどは生活レベルが下り、今のアメリカは僅かなアッパー・クラス(上流階級)と一部のミドル・クラス、そして残りはワーキング・クラス(労働者階級)で構成されていると何かで読んだ記憶がある。

ヘルスコンシャス(健康志向)は食べるものを選ぶことができるミドルクラス以上が多く、ワーキングクラスやフードスタンプをもらっている人は肥満傾向にあるらしい。

日本でも最近「ワーキング・プア」とか「子供の6人に1人が相対的貧困」「貧困女子高生」なんかが話題になっているらしく、日本でも他人事ではないのかもしれない。

食育の大切さ

貧困と肥満について考えているうちに、更なる疑問が出てきたのでパートナーに再び聞いてみた。

お金がなかったとしても、スーパーに行って野菜や卵を買って自炊すれば安く上がるし身体にもいいんじゃない?

それは理想的かもしれないけど、ファストフードを食べ続ける人にその考えはない。ファストフードやスナック、ソーダは、簡単にお腹を満たしてくれる上に安い。子供のお腹を満たすのにもちょうどいいと親が与え続けると、ファストフードが身近で当たり前になる。

身体に良くないと分かっていても?健康のことはあまり気にしないのかな?

ファストフードがどれだけ身体に悪いかを知らない人も多いし、食べ続ける人は知っていたとしても気にしないんだろうね。

日本だと家庭でも食事の大切さを学んだり、学校でも給食の時間や家庭科の時間にバランスの良い食事が大切なことを教わった。

アメリカではそういった機会はほとんどないとか。

日本では「食育」という言葉も良く聞くけど、子供だけでなく大人も自分がどんな食品を口にしているかを知るのはとても大事だと思う。

アメリカの食品業界の闇

そして、パートナーから更に衝撃的な話を聞くことに。

それより恐ろしいのはアメリカの食品業界だよ。健康に気を使っているからと「オーガニック」とか「ナチュラル」という表示がある商品を選んだからといって安心だとは言えないんだ。成分表示を見ると、あまり良くないものが入ってることもある。コーンシロップやキャノーラ油とかね。

えぇ!いつもWhole Foodsに置いてあるし、Organicって書いてあるしって思って買い物してたんだけど。。

確かにWhole Foodsにあるものは安全なものが多いけど、プロセスフード(加工食品)の場合はよくラベルを確認した方がいいよ。それから、大企業食品メーカーは消費者から訴えられないように、ギリギリの言い方を考える専門家を雇っている。彼らは政治家とも強い繋がりがあるから、万が一問題が起こっても対処できるようになっているんだ。

なるほど・・・。恐いね・・・。

とはいえ、日本で認可されている食品添加物の数はアメリカの6倍、EU諸国の50倍とも言われるので日本の加工食品だって世界的に見たら「安全」とは言えないのかもしれませんね。

次は、2年ほど前から話題になっているグラスフェッドについて書きます!

この記事を書いた人

フルタイムトラベラー、5年目。
Airbnbで家を借りながら世界各地で暮らす旅人。ライター。翻訳家。
LINE トラベルjpナビゲーター。

コメント