【アメリカ】過去に別室送りになっても入国出来る?出来ました!

Travel

こんにちは!フルタイムトラベラー、三谷めぐみ (@meg_intheworld)です。

📍現在地:アメリカ🇺🇸 カリフォルニア州ベイエリア

ここ数年、何度もアメリカに来て、ESTAで滞在できる90日間ギリギリまで滞在することを繰り替えしている、わたくし。

2018年12月にサンフランシスコ国際空港のイミグレーション(入国審査)で、別室送りになり1時間拘束・尋問されました。

イミグレーションで「なんで何度も長期間アメリカに来るんだ?」から始まり、「アメリカで働いているんだろ」と事実無根の因縁をつけられ、別室送りになりました。

財布の中から携帯の写真まで全部調べられた結果、「その事実は無く、他に怪しいものもない」とのことで無事入国。

無事入国はできたけど、完全にトラウマになりました。

今回アメリカに飛ぶ数日前から

前回別室送りになったし、今回もなるかも?
もし今回入国拒否されたらどうしよう・・。

と真剣に思っていました。

結論から言うと、前回の入国審査では別室送りになったけど、今回はスムーズに入国できました

前回のイミグレ記事と同じような経験をされた方もいましたし、もしかしたら私と同じように「次回はどうなるんだろう?」気になる方もいるかもしれません。

この記事では過去に別室送りになった場合、次回の入国審査は厳しくなるのか、180日ルールは本当なのか?について私の経験談を書きます。

これから書くことは、あくまで私、一個人の体験です。全ての人が必ずしも同じようになるとは言えませんので、参考程度にお読みください。

3ヶ月ぶりにアメリカを再訪問

まずはじめに、直近の旅のタイムラインを整理します。

2018年12月〜3月初までアメリカ🇺🇸(90日以内)
2019年3月後半は東京🇯🇵
2019年4月はタイ🇹🇭
2019年5月はミャンマー🇲🇲とラオス🇱🇦
2019年6月前半は東京🇯🇵
2019年6月中旬〜9月中旬までアメリカ🇺🇸(90日以内)
その後はイタリア🇮🇹〜ヨーロッパ
2019年11月はじめにアメリカ🇺🇸に戻り(約1週間滞在)
2019年11月中旬に日本🇯🇵へ帰国

という流れです。
今回のアメリカ訪問は、前回のアメリカ滞在から3ヶ月空いていることになります。
そして、11月の再入国までは2ヶ月空くことになります。

前回とは別の空港で入国審査を受けることに

今回のアメリカ滞在はカリフォルニア州のベイエリア。

最も近い空港はSFO(サンフランシスコ国際空港)なんですが、SFOは前回の別室送り・尋問で嫌な思いをした空港。

また同じ事態になりかねないので、LAX(ロサンゼルス国際空港)に飛び、ロサンゼルスで入国審査を受けることにしました。

ロサンゼルスからベイエリアまでは飛行機で1時間20分、車で6時間の距離。
ハッキリ言って超不便です。

東京に滞在するのに、大阪の空港へ飛び、大阪から東京へ移動するような感じです。

羽田空港のチェックインカウンターにて旅の詳細を説明

出発当日。羽田空港のチェックインカウンターでチェックインをしようとすると、次から次へと質問が飛んできました。

当然です。

今回のチケットは往路が6月中旬、復路が11月中旬で、5ヶ月アメリカに滞在するように見えるからです。

アメリカにESTAで滞在できるのは連続して90日まで

航空会社は旅行者が3ヶ月以内にアメリカを出国する証明がないと、乗客をアメリカ行きの飛行機に乗せることができません。

その為、航空会社は私の旅程や必要事項を全て確認しなくてはいけません。

アメリカを出国する際の航空券、ESTAの有効期限、アメリカでの滞在先住所(Airbnbの住所とホストの連絡先)、アメリカを出国する際の便名、アメリカに再入国する際の便名など、聞かれたこと全てを説明しました。

全ての確認が取れた後、LA行きの搭乗券が手渡されました。

チェックイン手続きをしてくれたグランドホステスさんは、まだあまりこういう面倒な乗客に当たったことが無かったのか、先輩に聞きながら対応してくださいました。

「大変お待たせして申し訳ございませんでした。」と言ってくれたけど、こちらこそ面倒な客で申し訳なく思った私。「こちらこそお手数おかけしてすみません。ありがとうございます。」と無事チェックイン完了。

LAX(ロサンゼルス国際空港)のイミグレで入国審査

ロサンゼルス国際空港に到着。

これまでLAXで3〜4回入国していますが、毎回スムーズに入国できていました。

数年前にAPC KIOSKが導入されてからは、イミグレの列に並ぶ時間も短縮され、早い時は20分で空港の外に出られたことも。

今回もAPCのキオスクでパスポートをスキャン、指紋認証、写真を撮って、入国審査管のいる列に並びました。

列は2つに分かれていて、それぞれ5人ずつくらい入国審査菅がいました。10分ほど列に並んでいる間、2,3人が別室送りになっているのを見ました。

そして、ちょうど1人別室に送ったばかりの審査官が私を呼びました。

なんてタイミング。またかー。

と思いながら審査官のブースへ行きました。

パスポートを渡すと、お決まりの質問「渡米の目的」「滞在期間」「滞在先」を聞かれました。そして案の定「観光なのになんでそんなに長くいる必要があるわけ?ビジネスか?それってビジネスだろ?ん?違うのか?」と聞かれたので、説明しました。

その後「で、いくら持ってるんだ?現金。貯金はいくらあるんだ?」と聞かれました。私が答えている途中に、すでにパスポートにスタンプを押していて「はいよ」とパスポートが手渡されました。

え!もう終わり?早っ!

と、なんだか肩の力が抜けました。

前回の審査官に「また別室送りになるかもしれない」と言われたし、今回も別室送りになるだろう、と心のどこかで思っていたからです。

他の旅行者より多少は長かったと思うけど、それでも5分もかからずイミグレを通過できました。

前回の別室送りは何だったのか・・・。

スムーズに入国審査が終わった理由は正直わかりません。
前回別室送りになった時の「入国を拒否する理由は何もない」という情報をイミグレが持っているからなのか、単純に今回の審査官が「拒否する理由はないな」と判断したからなのか。

滞在180日ルールは事実なのか?

アメリカに観光目的で入国できる回数や1年間に滞在できる日数について、色々な話や経験談がありますが、一概に「こうだ」というものはないようです。

ある人は「1年間に滞在できるのは最大180日まで。183日を超えるとアメリカにも納税する必要がある。」と言うし、ある人は「過去3年で合計何日滞在しかたにもよる」と言うし、「ESTA入国で180日を超えても大丈夫だった」という人もいます。

「前回の入国から最低3ヶ月は空けないと入国出来ない」という話も聞いたことがありますが、私自身3ヶ月以内にESTAで再入国したことがあり、どれが真実なのか分かりません。

もし、この180日ルールが事実なら、私は今かなりギリギリのところにいます。
その為、今回のアメリカ滞在日数も慎重に計算して、イタリアへ出国する日をいつにするかを考えました。

今は無事アメリカに入国できているので、次の入国(11月)まで考えずに済みますが、次の入国ができるかどうか、正直分かりません。ホントに180日ギリギリなので・・・。

アメリカ発日本行きの航空券を購入済みなので、入国できないと日本に帰れないんですけど。その場合はイタリアへ送還されるのかな?

ちなみに、アメリカは一度でも入国拒否されたら、次回からはESTAでの渡米ができなくなるそうです。アメリカに来る前にアメリカ大使館に行って「観光ビザ」を申請・取得しないとアメリカに入れません。

私のように、何度もESTAで入国し、年間180日ギリギリまで滞在する人は少ないかもしれませんが、参考になれば幸いです。

私はただの旅行者です。滞在期間やビザに関する質問は専門家にご相談ください。
この記事を書いた人

フルタイムトラベラー。デジタルノマド5年目。
Airbnbで家を借りながら世界各地で暮らす旅人。ライター。翻訳家。
LINE トラベルjpナビゲーター。

三谷めぐみをフォローする
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
TravelUSA
三谷めぐみをフォローする
スポンサーリンク
Meg In The World by Megumi Mitani

コメント