エアチャイナ(中国国際航空)搭乗レポート【羽田〜北京〜ロサンゼルス:2019年6月】

Airline

こんにちは!フルタイムトラベラー、三谷めぐみ (@meg_intheworld)です。

📍現在地:アメリカ🇺🇸 カリフォルニア州ベイエリア
アメリカに来るときはいつもスターアライアンス系(ANA、シンガポール航空、ユナイテッド航空)の直行便を利用しています。ハイシーズンでなければ、だいたい10万円以下で買えるんですが、今回はアメリカに来る2週間前になって買ったので、14万円〜でした。
ワンワールド系のアメリカン航空でも12万円〜だったので、はじめてエアチャイナ(中国国際航空)で飛ぶことにしました。
この記事では、エアチャイナ(中国国際航空)で実際飛んでみた感想や、座席・機内食・手荷物・北京国際空港での乗り継ぎ・エアチャイナで飛ぶ際の注意点・マイルについて書きます。

エアチャイナ(中国国際航空)の評判と実際に乗ってみた印象

エアチャイナの評判はあまり良くない

これまでずっと避けてきた中華系航空会社。

高校の卒業旅行でハワイに行った時、友達が「中華系航空機は落ちるから絶対に嫌だ」と言っているのを聞いて以来、「中華系航空機=落ちる」のイメージを持ってしまった私。😅

今回チケットを買うまで『エアチャイナ』と『チャイナエアライン』が別会社ということすら知りませんでした。😂

『エアチャイナ(Air China)』は中国の航空会社、『チャイナエアライン(China Airline)』は台湾の航空会社です。

高校時代に友人が言っていたのは『チャイナエアライン(中華航空)』の方で、実際に昔は墜落事故で死者が多数出ていたとか。最近は事故もほとんどなくイメージは回復しているようです。

一方で、今回私が乗った『エアチャイナ』は評判があまりよろしくない
「安かろう悪かろう」「もう二度と乗らない」「日本語はもちろん英語も通じない」「遅延対応が酷い」「ロスバゲ(預けた荷物が届かない)」などなど・・。

これらの評判を読んだら「エアチャイナに乗りたい!」とは思えませんよね😅

でも、もし価格が半額だったら?

とりあえず、一度は乗ってみます😂
羽田発着だし👍

というわけで、7.5万円で東京(羽田)⇄ロサンゼルスを買いました。
同じ日程・期間(3ヶ月)で、シンガポール航空やANAだと14万円〜だったので約半額でした。

エアチャイナに乗ってみた感想は「悪くない」

では実際に乗ってみてどうだったか?

2時間以上の遅延はあったけど、悪くない。
前回のJAL便とあまり変わらない。

と思いました。

その理由を書いていきますね。

エアチャイナの予約は日本語で出来る


今回もいつも通り航空券を比較検索していたら、エアチャイナは公式サイトから買うのが1番安いと分かりました。

ご覧の通りエアチャイナのサイトは日本語対応されています。
「アプリからの購入がお得です」となっていましたが、金額は同じでした。アプリは日本語が一部変で分かりずらかったので、サイトから購入しました。

購入後すぐに「予約確認メール」が届き、予約番号が記載されたeTicketが来ました。

座席指定はできる?

エアチャイナは予約時に全便の座席指定ができました
予約完了後もアプリや公式サイトから座席の変更が無料でできます。

前回のアメリカ往復はエクスペディア経由で買ったJAL便では座席指定はおろか、オンライン・チェックインも出来なかったので、この時点で「エアチャイナ>>>JAL」と感じました。
(*JALもJALの公式サイトから購入した場合は、Webチェンクイン時に座席指定が可能。エクスペディア等OTA経由での購入の場合は不可。)

座席がボロボロということもなく、普通に快適で、清掃も米国系航空会社並でした。

手荷物・預荷物の容量は?

エアチャイナのエコノミークラスでは23kgまでの荷物を2つまで受託手荷物として無料で預けることができました。(2019年7月現在)詳細の規定は受託手荷物に関する一般規定を参照ください。

私はスーツケース1つ(20kg)と、バックパック(10kg)を預けました。

羽田空港のチェックインカウンターで見て驚いたのですが「機内持ち込み手荷物は5kgまで」という規定があるようです。

チェックイン時に機内持ち込み用のバッグは計量されませんでしたが、5kgってLCCより少ない・・。私の場合ラップトップやカメラ機材だけでも5kgあるので、絶対オーバー。

搭乗口で何か言われるかな・・?と思っていたけど、搭乗口に行ったら大量のお土産をカートに積んでいる人が何組かいたので「あぁ、大丈夫なんだ」と思い案の定何も言われませんでした。

チェックインはアプリが便利

エアチャイナのアプリを入れると、搭乗日の数日前から通知が来ます。
チェックインに関しても「オンラインチェックインできます」と通知が来て、アプリからそのままチェックインが出来るので超便利!です。

サイト上には「36時間前からチェックインできます」とありますが、30時間前に確認してもできず、24時間前になってチェックインできました。

ただ、航空券購入時に座席指定も済ませていたので全然問題ありませんでした。

PCからのチェックインはこちら

エアチャイナの機内食は選択肢が豊富!

航空券を予約した時に、座席指定の他にミールも選択することができました。

驚いたのが、特別食の豊富さ!

ベジタリアン、ヴィーガン、グルテンフリー、ハラール、コーシャー、ヒンズーだけでなく、低カロリー、低糖、低塩分、ローフードなど特別食も、座席指定と一緒にすることができます。

私はアレルギーや食事制限もなく、はじめてのエアチャイナだったので「普通食」にしました。

羽田→北京

羽田→北京は13:55発予定が、2時間半遅れの16:20発に。離陸までも時間がかかったので、ミールが提供されたのは18時頃だったと思います。遅ランチ、早ディナーって感じですね。

エコノミーの普通食ミールは2種類あって、私はフィッシュにしました。

全く期待していなかったのですが、色彩豊かなミールにちょっとテンションが上がりました。
デザートが人形焼って、なんか新しい!

味は普通の機内食レベルですが、遅延でお腹が空いていた私は、ほぼ完食しました。

北京→ロサンゼルス

北京→ロサンゼルス便は、現地時間夜9時のフライトだったので、夜食ですね。

酢豚とごはん。全体的にあまり美味しくなかったので、1/3も食べられず・・。ほとんど残してしまいました。ごめんなさい。(デザートは何だか分からないけどすごく不味かった)


2回目のミールは朝食。
オムレツと中国式朝食だったので、せっかくなので中国式にしました。
お粥です。味付け卵とザーサイを乗せてみました。お粥は半分くらい食べたけど、他は手をつけずに残してしまいました・・。

今回改めて思ったんですが、機内食は「断る」という選択肢もありですよね。
これまで何度か機内食をスキップしたことありますが、「残してしまう」という罪悪感を感じずに済みました。もしかしたら結局廃棄になるのかもしれませんが・・。

機内のエンタメも意外と(?)豊富

「中国はなにかと規制が多い」というイメージがあったので、機内エンタテインメントも全く期待していなかったのですが、新旧問わず色々な映画がありました。

この日は『Loving Vincent』というヴィンセント・ゴッホの映画がとても気に入って2回も見ました😂

ちなみに、エアチャイナのセーフティー・ビデオはパンダ🐼 さすが中国!
この子の表情が可愛かった🐼

北京国際空港での乗り継ぎ所要時間


北京国際空港での乗り継ぎについて調べていると「北京国際空港での乗り継ぎが大変だった!」「乗り継ぎは1時間では間に合わない。最低でも2〜3時間は必要」という口コミが幾つか・・。

羽田発北京行きが遅延した私は

北京での乗り継ぎは4時間あるはずだったけど、遅延したから1時間半しかない・・。間に合うかな?

とドキドキしながら乗り継ぎゲートに向かいましたが、実際にかかった時間はたった15分

どうやら今年からゲートが自動化されたので、以前に比べるとかなりスムーズになったらしいのです。私が乗り継いだ時は他の乗客は誰もおらず、乗り継ぎゲートもセキュリティチェックもすぐ通過できました。

北京国際空港での乗り継ぎ方、空港内でのWiFiの使い方はこちら👇

理由不明の遅延が発生する

エアチャイナの国際線に2回乗った感想は、冒頭に書いた通り「悪くない」んです。

ただし、遅延が発生することは覚悟しておきましょう。

私が乗る予定だった便は、ボーディングタイムの10分前まで遅延する雰囲気すらありませんでした。

「間もなく搭乗開始時間ですので、搭乗ゲート前にお集まりください」というアナウンスがあり、10分後に搭乗ゲートに向かうと、すでに行列が。

搭乗予定時刻から40分。もうすぐ出発時間なんですけど・・という頃まで何のアナウンスもありませんでした。その間乗客は私を含め全員立ちっぱなし

そして出発時刻5分前に「当便は遅延します。搭乗ゲートを変更します。」と言われました。
乗客からは一斉に「えぇ〜」という声が溢れ、搭乗カウンターに人だかりが。

正直、この時点で出発前から疲れました。

私も北京で乗り換えだったので、地上スタッフの方に聞いてみました。

北京でロサンゼルス行きの便に乗り換えるんですけど、間に合いますか?

おそらく大丈夫ですけど、何とも言えません・・。
北京に着いてから現地スタッフに聞いてください。

分かりました。ちなみに、遅延理由は何ですか?

中国管制塔の都合です。私たちもそれ以上は分からないんです。

この状況で「は?」と思ったり、次の便に乗れるか心配になってしまう人には、エアチャイナはオススメしません(笑)🙅‍♀️

逆に「遅延が無かったらラッキー!」と思える人は、エアチャイナは良い選択肢だと思います。🙆‍♀️

私は北京行きでは遅延があったものの、最終目的地のロサンゼルスには定刻通り到着し、予約済みのホテル等もキャンセルせずに済んだので特に不満はありません。

エアチャイナのマイルはスターアライアンス系

最後に。エアチャイナのマイルについて。

エアチャイナは独自のマイレージプログラム(フェニックスマイル)もありますが、エアチャイナによく乗る人出ない限りは、既に持っているスターアライアンス系のプログラムに貯める方が良いでしょう。

私はユナイテッド・マイレージプログラムに貯めました。換算率は50%でした。

エアチャイナ搭乗レポートは以上です!
参考になったと思った方はFacebookページInstagramも旅関連の投稿をしているのでチェックしてみてください😊 Twitterはほぼ独り言です。

この記事を書いた人

フルタイムトラベラー。デジタルノマド5年目。
Airbnbで家を借りながら世界各地で暮らす旅人。ライター。翻訳家。
LINE トラベルjpナビゲーター。

三谷めぐみをフォローする

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
AirlineChinaTravelUSA
三谷めぐみをフォローする
スポンサーリンク
Meg In The World by Megumi Mitani

コメント