アフターコロナ(ニューノーマル)をどう生きる?【主体的に生きよう】

Column
この記事を書いた人

フルタイムトラベラー。海外デジタルノマド5年目。
世界各地のAirbnbで家を借りながら暮らす旅人。ライター。翻訳家。LINE トラベルjpナビゲーター。

*当サイトのコンテンツは全て私個人の体験・意見です
*当サイトの画像・文章・コンテンツ内容の無断使用・改変・転載・出版を禁じます(法的措置対応)

三谷めぐみをフォローする

こんにちは!フルタイムトラベラー、三谷めぐみ (@meg_intheworld)です。

今年の3月頃から去年書いた記事「デジタルノマドになる方法」がよく読まれています。

そして緊急事態宣言が出た後くらいから、1年以上前に書いたこちらの記事「東京にいる意味が分からなくなった」も読まれるようになりました。

 

新型コロナウィルス(COVID-19)の影響でテレワークの人が増え、今の働き方やライフスタイルを見直す人が増えているのかな?

と思ったので、

今回は5年間、海外を旅しながらデジタルノマドをやってきた私が今考えている「アフターコロナ」「ニューノーマル」の生き方についてシェアします。

「アフターコロナ」と「ニューノーマル」

そもそも「アフターコロナって何?」「ニューノーマルって??」という方もいますよね。

「アフターコロナ(After Coronavirus)」とは、「コロナ終息後の世界」のこと。

新型コロナは収束はしても、しばらくの間は終息しないという見方が強いので、3月下旬頃から「ウィズコロナ(With Coronavirus)」という言い方が増えてきました。

そして4月に入ると「ニューノーマル(New Normal)」という言葉が使われるように。

もともとはリーマンショックの時に「新たな常態」の意味で使われた「ニューノーマル」ですが、私は今の「ニューノーマル」とは「新しい日常」という意味だと考えます。

つまり、2019年までの暮らしと、2020年以降の暮らしは変わるということ。

リーマンショックの時は直接的な影響を受けなかった人も、今回の新型コロナウィルス(COVID-19)では何かしらの影響を受けています。

しかも、これは世界中の全ての人に関わることなので、明らかに今回の方が大きな変化が起こると思います。

「これまで通り」には戻らない

もし、今(2020年5月上旬)の時点でも

外出自粛が解除されれば、これまでと同じ生活ができるでしょ

コロナが収束すれば、これまで通り海外旅行もできるでしょ

と思っている方がいたら、目を覚ましたほうが良いかもしれません。

厳しい言い方に聞こえたらゴメンナサイ💦

でも、私は「これまで通り」に戻ることはないと考えています。

そして、それは悪いことばかりではないと思います。

過剰なサービス・モノ・ヒトが消え、本当に良いものが残る

これはわりと全ての業界・ジャンルにおいて言えると思うのですが。

供給過多だったサービス・モノ・ヒトが選抜されて行き、良いサービス・モノ・ヒトだけが残ると思います。

ここ数ヶ月で、仕事環境が変わったり、日々の暮らしに変化があって気づいたことってありませんか?

意外と家でも仕事ってできるんだな

毎日買い物行ってたけど、2〜3日に1度でも平気だな

なんとなく〇〇してたけど、別にしなくてもいいな

といった、日々の暮らしでの小さな気づきから

なんで今の仕事してるんだっけ?

高い家賃を払ってここに住んでいる理由って?

など、仕事や居住地を考え直すようなことまで。

逆に

やっぱり今の仕事が好きだな!

これだけ趣味に没頭できる時間があるなんて最高!

といった、ポジティブな気づきもあると思います。

そうなると「なんとなくいいな」と思っていたモノや、「なんとなく便利だった」サービス、「頭数を揃えるためにいたような」ヒトの必要性が薄まりますよね。

一方で、価値の高いモノ、サービス、ヒトは今まで以上に必要とされます

これまで「なんとなく」「習慣で」「付き合いで」していたことが、「本当に自分がしたいこと」なのか、メディアや周りに影響されただけの行動だったかがハッキリします。

私はタピオカドリンクを買うために2時間並んだことはありませんが、アメリカのポートランドにある「話題」の人気レストランで1時間以上待つ価値が無かったことを知っています。🙃

もしあなたが

私の仕事(お店・サービスetc)って価値が高くないかも・・

と思ったなら「どうしたら世の中(会社や顧客etc)に価値を提供できるか」を考えてみましょう😊

 

主体性を持って生きれば、不安が生まれることはない

3月頃から多くの人の生活環境が変わり「これからどうなるんだろう?」と不安に思ったり、「これからどうしよう?」と悩む人は多いと思います。

私の周りでも、新型コロナの影響で仕事を失ったり、収入が激減してしまったり、仕事に行けない=働きたくても働けない状態になってしまった人もいます。

私自身、旅行ライターは休業中なので、旅行に関する仕事・収入はほぼゼロになりました。それでも、自分自身の将来を不安に思ったり悲観することはほとんどありません。(周りの方が「ちょっとくらい焦れば?」と思っているかも😅)

これはたぶん、5年前にフルタイムトラベラー / デジタルノマド生活を始めて、主体的に動いているからだと思います。

過去記事にも書きましたが、「海外ノマド生活」って自由で楽(ラク)な感じに聞こえるかもしれないけど、実際は結構タフなんですね😂

1〜2年なら「なんとなく」でも出来ちゃうけど、1ヶ所に定住せずに色んな国を旅しながら暮らす生活を3年以上続けている人は、主体性のある人、主体的に動ける人が多いと思います。「どうして?」と思う人はこちらの記事をどうぞ。

コロナ禍であろうがなかろうが、主体性を持って、常に自分で考え・決断し・行動するような生き方をしていれば、問題に直面した時に、必要以上に不安を感じたり、環境や他人のせいにしたりすることがなくなるんじゃないかな?と思います。

もし、今「主体的に動けていないな」って思ったら「これからどんな生き方をしたいのか?」「どんなことをしている時が幸せか」をじっくり考えてみてはどうでしょうか?😊

ちなみに。私は「デジタルノマドになればいいよ!」と言っている訳ではありません。むしろ、今からノマド的な生き方をするのは「時代遅れ」というか「逆行する生き方」だと考えます。

詳しくは次の記事に書きますので、Facebookの「いいね👍」か、Instagramをフォローしておいていただければお知らせが行くと思います😌

普段、SNS経由のDMやメッセージへの個別返信をしていませんが、今は旅もしておらず、時間に余裕があるので、こちらからいただいたメッセージは全て返信します😊「コメント欄には書きづらいな」と思っていた方もお気軽にメッセージ送ってくださいね😊
この記事を書いた人

フルタイムトラベラー。海外デジタルノマド5年目。
世界各地のAirbnbで家を借りながら暮らす旅人。ライター。翻訳家。LINE トラベルjpナビゲーター。

*当サイトのコンテンツは全て私個人の体験・意見です
*当サイトの画像・文章・コンテンツ内容の無断使用・改変・転載・出版を禁じます(法的措置対応)

三谷めぐみをフォローする

 

 

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Column Life Nomad
三谷めぐみをフォローする
スポンサーリンク
Meg In The World

コメント