コロナ禍のノマドはどうしてる?【自粛生活4ヶ月目】

Japan
この記事を書いた人

フルタイムトラベラー。海外デジタルノマド6年目。
世界各地のAirbnbで家を借りながら暮らす旅人。ライター。翻訳家。LINE トラベルjpナビゲーター。

*当サイトのコンテンツは全て私個人の体験・意見です
*当サイトの画像・文章・コンテンツ内容の無断使用・改変・転載・出版を禁じます(法的措置対応)

三谷めぐみをフォローする

こんにちは!フルタイムトラベラー、三谷めぐみ (@meg_intheworld)です。

新型コロナウィルス(COVID-19)の影響で、仕事や家庭の環境が変わった人も多いと思いますが、みなさんいかがお過ごしですか?

緊急事態宣言が出てから2ヶ月経つので、「今の生活にもだいぶ慣れた」という人も多いかもしれませんね。

私は2月17日から外出自粛生活を始め、3ヶ月が経過し、ちょうど昨日から4ヶ月目に入りました。

この3ヶ月、一度も電車やバスに乗らないどころか、私の行動範囲は家から1km圏内

それでも、特にストレスを感じることなく過ごしています。

「自粛生活」で何が変わったか?

私が自粛生活を始めた頃は、日本ではまだ「日常」が続いていたこともあり「外出自粛生活」についてオープンに話せるのはアメリカやヨーロッパの友人たちだけでした。

最近になって、ようやく日本の友人・知人と色々なことについて話すようになりました。(もちろんオンラインで)

会話の中で必ず出てくる「自粛生活で何が変わったか?」について、改めて考えてみたのですが。

私は

「旅ができない」以外は特に何も変わらない

と思いました。

もちろん、小さな変化はあります。

・明らかに太った
・睡眠時間が長くなった
・人と接する時間が減った
・天然酵母を育て始めた

など。

でも、それ以外の部分はほとんど変わっていません。

「友達に会えなくて寂しい」とか「恋人に会えなくて寂しい」という「寂しい」という気持ちを、おそらく他の人より感じにくいからかもしれません。

友達や恋人に会えなくて寂しい?

「これもノマドだからなんだろうな」と思うのですが。

そもそも、普段からあまり日本にいないので「友達と会えない」のはわりとフツーの事で、ここ4〜5年は「友達や家族に会えるのは特別なこと?」だと思ってきました。

日本の友人や家族には年に1〜2回しか会えない時もあるけど、だからこそ特別な時間に思っています。

アメリカにいるパートナーとは、もう半年も会ってないし、もしかしたら1年くらい会えないかもですが、2人とも「まぁ〜時が来るまで待つしかないよね?」という感じです。

これまでも。

私、スリランカとインドに行ってみたいから行ってくるね!

1人で大丈夫?一緒に行こうか?

ありがとう!でもひとり旅がしたいんだ!

という感じで、彼はベトナムに残り、私はベトナムからスリランカ・インドをひとり旅し、1ヶ月後にタイで合流して、その後一緒にマレーシア&シンガポールへ。

去年、1ヶ月ほどイタリアを一緒に旅した時は。
先にカリフォルニアに帰るパートナーに対し「私はこのままイタリアに残って、ハンガリーとオーストリアに寄ってから、サンフランシスコに戻るね〜」みたいな感じで、その後さらに1ヶ月ほどヨーロッパをひとり旅しました。

彼は彼で、アメリカに戻る前にスウェーデンに数日間滞在してストックホルムを満喫したようです!

こんな感じで、離れている時も、お互いひとりの時間を楽しんでいます。

もちろん、今は自分達の意志で離れている訳ではないけど、お互い「この時間をどう使うか」を話しています。

仕事は・・・?

仕事や収入に関しても、旅行に関する仕事はゼロになりましたが、フリーランスの仕事は変わらずやっているので、今のところ特に変化はありません。

「世界のどこにいても暮らしていける」というライフスタイルが出来上がっているからかもしれません。

デジタルノマドではないけれど、家でフリーランスの仕事している友人や、自宅で作品や商品を作ってオンラインで販売している友人も「生活自体は特に何も変わってないかなぁ?」とか「むしろ時間ができて有り難い?」と言ってます

きっと、会社員の方が大きくライフスタイルが変わっているんだろうなぁ?と思います。

会社員もノマドになる!?

リモートワークになっている友人は口を揃えて「このままずっとリモートがいい!」と言います。

その気持ち、とってもよく分かります?

私も5年前まで会社員でしたが

・通勤時間(通勤ラッシュ)
・定時+残業するのが当たり前の文化
・不必要な付き合い(無駄な飲み会・愚痴ばかりのランチ会など)

が本当に無駄だと思ってました。

ある時、上司から「ウチのチームは他のチームに比べて残業が少ないから目立っちゃうんだよねぇ。来週から毎日2時間残業してくれない?残業代は払うから。」と言われた時は、呆気にとられました・・・。

お金より時間の方が遥かに大事な私には全く響きませんでしたけど。笑

こちらの記事でも軽く触れましたが、今回のテレワーク、リモートワークを機に、名ばかりの管理職は消え、成果主義に変えていく企業は多いんじゃないかな?と思います。

デジタルノマドやフリーランスは基本的に成果主義なので、時間拘束も無ければ、その場に座っているだけでお給料が発生するなんてこともありません。

仕事すれば収入を得る、(私みたいに)旅ばかりして仕事しなければ収入が減る。笑

ノマドの生活は、非常にシンプルです。

*当サイトのコンテンツは全て私個人の体験・意見です
*ブログ記事に関する質問・感想はコメント欄にお願いします
*当サイトの画像・文章・コンテンツ内容の無断使用・改変・転載・出版を禁じます
*引用は当ページへのリンクを貼っていただければご連絡は不要です

 

この記事を書いた人

フルタイムトラベラー。海外デジタルノマド6年目。
世界各地のAirbnbで家を借りながら暮らす旅人。ライター。翻訳家。LINE トラベルjpナビゲーター。

*当サイトのコンテンツは全て私個人の体験・意見です
*当サイトの画像・文章・コンテンツ内容の無断使用・改変・転載・出版を禁じます(法的措置対応)

三谷めぐみをフォローする
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Japan Life Nomad
三谷めぐみをフォローする
スポンサーリンク
Meg In The World

コメント