【しまなみ海道半日ドライブ】絶景とご当地グルメを満喫の旅

大島 亀老山展望台(c)Megumi Mitani Japan
スポンサーリンク

こんにちは!フルタイムトラベラー、三谷めぐみ (@meg_intheworld)です。

広島県と愛媛県をつなぐ「しまなみ海道」を半日でドライブしてきました!

というわけで、この記事では

しまなみ海道をドライブするなら、絶対に訪れたい絶景スポットからご当地グルメまで、旅レポ形式でご紹介します。

スポンサーリンク

「しまなみ海道」を半日で満喫するスケジュール

尾道からスタートする半日プランはこんな感じ。
結構ゆったり目に観光するスケジュールで、6.5時間コースです。
サクサクっと観光すれば4時間くらいかな、と。
今治からスタートする場合は、下から上に進む感じになります。

10:00 尾道
| 🚙30分
10:30 因島(はっさく屋)
| 🚙30分+観光30分
11:30 生口島(レモン島)
| 🚙30分+ランチ・観光60分
13:00 大三島(大山祇神社、生樹の御門)
| 🚙30分+観光30分
14:00 大島(カレイ山展望公園、亀老山展望公園)
| 🚙30分+観光30分
15:00 今治(SHIMANAMIモニュメント・来島海峡展望館)
| 🚙60分+観光30分
16:30 尾道

「4時間しかないけど観光もしたい」という場合は、生口島、大三島、大島を回って、今治まで着いたらすぐに折り返す。ランチはサクッと済ませれば良いかと思います。

特にはじめて「しまなみ海道」をドライブする場合は、ザッと各島を見て、気に入った島があれば戻るのがオススメ。私も後日、生口島と大三島に戻りました

東京から「しまなみ海道」へ!旅レポ

私は東京から「しまなみ海道」へ。

しまなみ海道をドライブする前に「鞆の浦」にも行ってみたいんだよね!

という同行者の希望もあり、羽田から広島空港へ飛んで、広島県福山市にある鞆の浦に寄ってから、「しまなみ海道」をドライブしました。

全体のスケジュールは、このような感じ。

07:00 羽田発
| ✈️1時間半
08:30 広島空港着
09:30 空港レンタカーPick up&出発
| 🚙1.5時間
11:00 鞆の浦着
| 鞆の浦観光
11:30 鞆の浦発
| 🚙30分
12:00 尾道
|(ランチ予定が入店できず..)
13:00 尾道大橋
| 🚙30分
13:30 因島(はっさく屋)
| 🚙30分+観光20分
14:20 生口島(レモン島)
| 🚙30分+観光40分
15:30 大三島(大山祇神社、生樹の御門)
| 🚙30分+遅ランチ30分+観光30分
17:00 大島(カレイ山展望公園、亀老山展望公園)
| 🚙30分+観光40分
17:40 今治(SHIMANAMIモニュメント・来島海峡展望館)
| 🚙1時間+観光40分
19:20 松山ホテル着

鞆の浦

鞆の浦(c)Megumi Mitani

『崖の上のポニョ』の舞台にもなった鞆の浦。

港の近くにコインパーキングがあるので、車を止めて30分ほど散策しました。

昔からあるであろう個人商店から、映えを意識した新しい飲食店まで。宮崎駿監督のサインを飾っているお店もありました。

時が止まったかのような、昭和にタイムトリップしたかのような、雰囲気が残る港町。のんびり、ゆったりとした時間を過ごしたい人は、特に好きな場所だと思います。

尾道

尾道でランチをしてから「しまなみ海道」をドライブしようと思っていたのですが。

行きたいと思っていたお店は定休日。近くのお店3軒回るも、「(まだコロナ禍だから)うちは予約客しか入れない」とか、空席があっても「ちょっと無理ですね」と言われてしまったり。。

「県外からの観光客は歓迎されていない(涙)」と感じた私たちはランチ難民に。

因島

因島はっさく大福(c)Megumi Mitani

しまなみ海道をサイクリングで横断した友人からのオススメ。

「はっさく屋」の大福は人気だから早く行かないと売り切れるよ!と聞いていたので、ランチ難民になった私達はさっそく立ち寄ることに。

季節によって、中身の果物が変わるようで、私が行った8月は「はっさく甘夏大福」と「シャインマスカット入り大福」がありました。どちらも美味しかった〜!

断面が美しいフルーツ大福が流行っていましたけど、「はっさく屋」の大福は「映え」を意識するのではなく、「手作り感」を感じるところが個人的には好きです。

ちなみに、日持ちする「はっさくゼリー」も冷やして食べると美味しいので、お土産にオススメ!ゼリーは、空港やお土産屋さんでも買えるので、買い忘れた時にも便利!

生口島

生口島ドルチェのジェラート(c)Megumi Mitani

生口島は「レモン島」とも呼ばれている通り、レモン畑が島中にあります!

そんな新鮮なローカルレモンを使ったジェラートが食べられると人気の「ドルチェ」。

ガイドブックにも必ずといっていいほど載っている有名店なので、週末は行列ができるかもしれませんが、ぜひ食べてみてくださいね!

生口島のおすすめ観光スポットは、下記のページにまとめてあるので、読んでみてくださいね!

大三島

大三島 大山祇神社(c)Megumi Mitani

大三島にある「大山祇神社」はパワースポットしても知られている有名な神社。

大三島 大山祇神社の樹(c)Megumi Mitani

樹齢2600年の樹があるのですが、遠目から見るだけでも立派。触ることはできませんが、間近で見るだけでも圧巻されます。

神社の奥の方にある「生樹の御門」は、なんと樹齢3000年。

木の幹の部分がトンネルっぽくなっていて、通ることができます。

「大山祇神社」の樹も素晴らしかったけど、個人的にはこちらの樹の近くにいると、落ち着く感じがして、心がスーッとする感覚がありました。

大三島には「サイクリストの聖地」モニュメントもあります。

大島

大島 亀老山展望台(c)Megumi Mitani

大島にある「亀老山展望台」は、1994年に有名な建築家である隈研吾氏によって作られた展望台。

「見えない展望台」をテーマに作られた「亀老山展望台」は、今治の方から見ると「あ〜あれかな?」と、よーく見ないと見つけられないほど自然に溶け込んでいるのです。

建物自体もシンプルながら美しく、展望台からの景色は「しまなみって美しい〜♡」とずっと眺めていたくなるような絶景ポイントでした。

この日は雲が多い日だったのですが、夕陽が差し込み海面に反射する風景が見えるかと思うと、反対側には真っ青な青空!という2つの景色を楽しむことができました。

大島には「カレイ山展望公園」があり、そちらからは尾道方面を眺めることができるみたいです。

「亀老山展望台」も「カレイ山展望公園」の展望台も、入場料は無料なので、是非行ってみてくださいね!

今治

今治来島海峡大橋(c)Megumi Mitani

大島から今治まで約4kmに渡って架かっている「来島海峡大橋」を渡れば「しまなみ海道半日ドライブ」の最終目的地に到着!

今治にはフォトスポットとしての人気の「SHIMANAMIモニュメント」があったり、「来島海峡展望館」「来島海峡サービスエリア」もあります。

尾道からドライブしてきた景色を眺めながら飲むコーヒーは最高!でした。

半日でも楽しめる!しまなみ海道ドライブ

尾道から今治までノンストップで走ると約1時間。ただ往復するだけだと2時間。

しまなみ海道を半日観光したいな、という時は最低でも3時間、できれば6時間あったほうがいいと思います。

見どころがたくさんある、美しいしまなみ海道をぜひ楽しんでくださいね!

※ブログ記事に関する質問・感想はコメント欄にお願いします
※当サイトのコンテンツは全て私個人の体験・意見です
※当サイトの画像・文章・コンテンツ内容の無断使用・改変・転載・出版を禁じます
※引用は当ページへのリンクを貼っていただければご連絡は不要です
※サイトの運営費用を賄うためアフィリエイトリンク(広告)を掲載しています
この記事を書いた人

自然と芸術を愛する旅人。世界各地で家を借りながら暮らす「デジタルノマド」7年目。40ヶ国。

FOLLOW ME
スポンサーリンク
JapanTravel
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Meg In The World

Comment