材料2つで簡単!自家製レーズン酵母の作り方【ノマドパン#3】

自家製レーズン酵母の作り方Cooking

こんにちは!フルタイムトラベラー、三谷めぐみ (@meg_intheworld)です。

「ノマドパン」シリーズ3回目は自家製レーズン酵母の作り方をご紹介します!ルヴァン種より簡単で手間もかからないので、忙しい人にオススメです🤗

5年間、世界を放浪したデジタルノマドが、コロナ禍の自粛期間中に始めた「ノマドパン」🍞 の過去記事はこちら↓

材料2つだけ!自家製レーズン酵母を作ろう!

それではさっそく。

忙しい人でも簡単に作れる、自家製レーズン酵母の作り方をご紹介します!

材料・用意するもの

自家製レーズン酵母材料

<材料>

1. カリフォルニアレーズン(オイルコーティングされていないもの)
2. 水(浄水などキレイな水)

レーズンは必ず「ノンオイル」「油不使用」などの表記があるものを使ってください。TOMIZcottaAmazonでも買えます。

<用意するもの>

1. 大きめメイソンジャーや瓶蓋付きの保存容器 1個

2. 計量器

作り方(1日目)

自家製レーズン酵母1 1日目

  1. レーズン50gと水100gをジャーに入れる
  2. 蓋を閉めて軽く振り室温で放置
・容器は必ず熱湯消毒をしたものを使う
・レーズンが水に浸かっている状態にする

作り方(2〜4日目)

自家製レーズン酵母4日目

  1. ジャーの蓋を開け空気を入れる
  2. 蓋を閉めて軽く振り、室温で放置
・2〜4日目は同じことを繰り返す
・毎日蓋を開ける時の音、匂いを確認する習慣をつける
2〜4日目まではパッと見変化ないけど、じっくり観察していると、2日目はレーズンがふやけてきて、3日目、4日目と時間が経つにつれレーズンに水分が含まれている様子が分かるようになると思います。レーズン水の色も若干濃くなっているはず。

作り方(5日目〜完成まで)

自家製レーズン酵母5日目-9日目

5日目くらいで、水を50ml足して、軽く振る。
6日目以降は「1日1回蓋を開け空気を入れ、蓋を閉めて軽く振る」をレーズンが浮くまで続ける。
レーズンが浮いて瓶底に沈殿物が出てきたら、自家製レーズン酵母液の完成!

・ジャーを開けると「プシュ」っという音、レーズンからは「シュワシュワ〜」と微炭酸のような音がすれば、順調に酵母エキスができている証拠👍

夏は5〜6日、冬は7〜10日くらいかかるかも。忙しくて1〜2日くらい忘れちゃっても大丈夫なので、レーズンが浮いてくるまで続けてみてください😊

さいごに

自家製レーズン酵母は、手間がかからないだけでなく、失敗のしようがないほど簡単!前回【ノマドパン#2】で紹介したルヴァン種は「ちょっとハードルが高い」と思った方にもオススメです。
質問があれば、この記事のコメント欄またはGoogleフォームからどうぞ!

*当サイトのコンテンツは全て私個人の体験・意見です
*ブログ記事に関する質問・感想はコメント欄にお願いします
*当サイトの画像・文章・コンテンツ内容の無断使用・改変・転載・出版を禁じます
*引用は当ページへのリンクを貼っていただければご連絡は不要です

この記事を書いた人

フルタイムトラベラー。海外デジタルノマド6年目。
世界各地のAirbnbで家を借りながら暮らす旅人。ライター。翻訳家。
元は音楽業界でマーケティングやデザインをやっていた人。
*当サイトのコンテンツは全て私個人の体験・意見です
*当サイトの画像・文章・コンテンツ内容を、許可なく無断で使用・改変・転載・出版することを禁じます

三谷めぐみをフォローする

コメント